次に会える日

週末の外出自粛を控えた金曜日、
フラワーエッセンスの
基礎クラスがありました。

本当ならリアルで行う会ですが、
今の状況なので、
地方在住の方とご希望の方の
ウェブ参加と、
リアル参加の皆さんと、
いつにも増して実り多い
時間となりました。

最後に交わした、
また来月も
元気でお会いしましょう
という言葉…。

この言葉が
これだけ印象深く響くことは、
今までなかったように思います。

いつも、
次に会えるのは当たり前、と
思っていたから。

けれどもこのような状況になって、
わたし達がこれまで
「当たり前」と思っていたことは、
実はどれもが
当たり前では決してなく、

とても貴重な
与えられた機会であったのだと
今さらながら気づきます。

少し大げさかもしれませんが、
これはある意味では
遠い昔、
私たちの親以上の世代の方が体験した
戦時下の感覚にも
似ているのではないかと思えます。

日本は「平和ボケ」と言われて
久しいですが、
そんなボケも今回の状況では
一掃せざるを得なくなっています。

今は本当に、
皆が今できることを行ない、
元気に生きることに
焦点を合わせる時。

戦後生まれの
のほほん世代の私たちは、
有事を経験し
乗り越えてこられた
親以上の世代の方の
ここ、という時に
踏ん張る強さや、
必要な時に
果敢に行動していくための
教えをいただく時では
ないかと思えます。

外出自粛で
家族が共に過ごす時間もできました。
同居されている方は、
事情が許すなら
そんなお話も伺えたらよいですね。

きっと、
わたし達の想像を超える苦難を
乗り越えられたエピソードも
数多くお持ちと思います。

ご高齢の方を「守る」意識とともに、
対話することで
お互いの元気や勇気のエッセンスを
与え、与えられる、
交流の機会になったら
最高です。

今日の東京は雪が降って
心はさらに静かに
内省に向かいやすい時。

この貴重な時間を
大切に過ごしたいものですね。

どうぞお元気でお過ごしください。

震えあがるほど怖い、
パニック的な強い恐怖には
ロック・ローズ
フラワーエッセンスが助けになります。

明るい黄色の花は
平らで丸く、
草の中にまき散らされた金のかけらのように、
大地に広がります。
… 力強さや希望は、
太陽の黄金の光からもたらされます。
そしてこの陽光が、
ロック・ローズの花の黄金色の輝きに
映し出されているのです。
この花は、
勇気や不屈の精神、
勝利への勇敢な決意をもたらします。
(ジュリアン・バーナード
バッチのフラワーレメディー
植物のかたちとはたらき』p.129-30より)

~*・~*・~*・~*・~*・

バッチ・フラワーエッセンス
おもにイギリスに自生する植物の
満開の花と
湧いたばかりの新鮮な水を使い、
自然界の四大元素を生かして
作られています。

約80年前に英国人医師
エドワード・バッチ博士によって
開発されて以来、
英国王室や欧米の
セレブリティも愛用する
ヒーリング・アイテムです。

こころを整え、
すこやかな毎日へと促すだけでなく、
私たちが変化し
成長していくために必要となる力
(理解力や受容力、行動力など)を高め、
前に進むサポートになります。

ワークショップ・スケジュール

フラワーエッセンス体験ワークショップ

新読書会
4月19日(日)/26日(日)Web
いずれも13:00~17:00(途中休憩あり)
自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(part 3 第2回)

【セカンド19(第Ⅱ部)
心のパターンとレメディ実践のパターン】※
p.235 第17章「築くパターン、壊すパターン」
スター・オブ・ベツレヘム、ホワイト・チェストナット、レッド・チェストナット、(パイン)
・花のかたちと数
※一部次回に繰り越される可能性があります。
◇使用テキスト
ジュリアン・バーナード著/編
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
◇参考図書
バッチフラワー 内なるエッセンス
エドワード・バッチ著作集

関連記事

  1. 聖書に思うフラワーレメディの意味

  2. こんな時にこころのサポートを(629)

  3. 2021年もよろしくお願いいたします

  4. ジューンベリーとバラ科のバッチフラワー

  5. 日向夏の贈り物

  6. 月のめぐりで体験するフラワーエッセンス

  7. 早咲きのスミレ

  8. ケルト暦:13番目の月 エルダー(ニワトコ)