ラナンキュラスの花びらとバターカップ

今花屋さんに並んでいる
ラナンキュラス

薄い花弁が幾重にも重なる、
やわらかな色合いの
丸い花です。

楚々とした印象で、
やさしい存在感があります。

開花期は
冬から3月にかけてとのこと。
店先に並ぶのも
そろそろ終わりに
近づいているようです。

花びらが
幾重にも
重なっていますが、
その数は
何枚くらいあると思いますか?

実は100枚以上(200枚近く)あるそうです。
一枚一枚、花びらを剥いで
ていねいに調べた記事に出会いました。
約2時間かかったそうです。
花好きの方には興味深い内容です。
よろしければぜひご覧ください。>>

今人気のあるラナンキュラスの
正式な和名はハナキンポウゲ
(花金鳳花)

キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で、
原産は、西アジア~ヨーロッパ東南部、
地中海沿岸とのこと。

ラナンキュラス(Ranunculus)という呼び名は、
この花の属名に由来しています
(学名:Ranunculus asiaticus)。

原産地では
湿地に自生し、
葉の形が「カエルの足」に似ていることから
ラテン語で「小さいカエル」を意味しているそうです。

驚いたことに、
この花の原種は
5花弁のシンプルなかたちをした
バターカップ(Buttercup)と呼ばれる花です。

近縁種と言われても、
今店頭に並んでいる
ラナンキュラスからは
想像もつきませんね。

中世に十字軍が持ち帰り、
フランス、オランダに渡って
品種改良が進み、
多様な品種が生まれました。

イギリスでは18世紀前後に
盛んに栽培され、
現代の系統は
主にオランダで
育てられたものだそうです。

このバターカップの花から
フラワーエッセンスが作られています。
(北米FES産)。

もう20年以上前になりますが、
バターカップは、
フラワーエッセンスに出会った当初にのんだ、
思い出深いエッセンスのひとつです。

当時を思い出すことは
ほとんどないのですが、
あらためて
自分の大切な一部だと
感じ入りました。

ラナンキュラスの花から
予期せず当時の記憶が
よみがえり、
このエッセンスを勧めてくださった
今は亡き大切な方と
バターカップの花に
あらためて深く感謝しています。
ありがとうございます。

バターカップの
フラワーエッセンス(FES)

自信を持てず、
自分の価値を認めることが難しい時にの
サポートに。

「自分には価値がない」という
思いに圧倒され、
自分を肯定できず、
消極的、悲観的になって
前向きに行動できない時に。

人の価値を
経歴や職業、成功度などで判断する
従来の価値観に影響され、
自分を過小評価し
価値があると思えない時に、
自分を適切に認める強さと
前向きさを取り戻す助けになります。

自分を信頼し、
「ここにいて良い」と
心から受け止める
強さと安心感を
取り戻すよう働きかけます。


バッチ・フラワーエッセンスの

セラトーと組み合わせて使うのも
効果的な方法と言われています。

セラトーは、自分を信頼できず
周りの人の意見に影響されてしまう時に
助けになるエッセンスです。

~*・~*・~*・~*・~*・

バッチ・フラワーエッセンス
おもにイギリスに自生する植物の
満開の花と
湧いたばかりの新鮮な水を使い、
自然界の四大元素を生かして
作られています。

約80年前に英国人医師
エドワード・バッチ博士によって
開発されて以来、
英国王室や欧米の
セレブリティも愛用する
ヒーリング・アイテムです。

こころを整え、
すこやかな毎日へと促すだけでなく、
私たちが変化し
成長していくために必要となる力
(理解力や受容力、行動力など)を高め、
前に進むサポートになります。

ワークショップ・スケジュール

フラワーエッセンス体験ワークショップ

新読書会
3月15日/Web 22日(日)
いずれも13:00~17:00(途中休憩あり)
自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(part 3 第2回)

【セカンド19
(第1部)周囲とのかかわり】
p.223 第15章「影響を受けて」
クラブ・アップル、ウォールナット、ホリー
・花のかたちと数※
※一部次回に繰り越される可能性があります。
◇使用テキスト
ジュリアン・バーナード著/編
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
◇参考図書
バッチフラワー 内なるエッセンス
エドワード・バッチ著作集

関連記事

  1. こんな時にこころのサポートを(628)

  2. こんな時にこころのサポートを(707)

  3. フラワーレメディ(エッセンス)の働き(4)

  4. こんな時にこころのサポートを(674)

  5. こんな時に心のサポートを(691)

  6. 今日から10月

  7. こんな時にこころのサポートを(624)

  8. こんな時にこころのサポートを(667)