スミレの紫色:植物と人間

植物や花は
古代から人間に
たくさんの喜びを与えてくれます。

人は花に触れ、高揚した気持ちを
いろいろな形で表現してきました。

万葉集には、植物を詠んだ歌が
1500種もあるそうです。

その中には
昨日の高田女王が詠んだ
ヤマブキとスミレの歌のように
具体的な花名が含まれる歌もあれば、
「花」という総称で
歌われているものもあるとのこと。

植物や花は
今も昔もインスピレーションの源泉です。

人は植物を
食用や薬用にしてきただけでなく、

植物の芽吹きから枯れるまでの移り変わりに心を寄せ、
自分の気持ちや人生も重ねて何かを感じ取ってきました。

そんな、植物に共感・共鳴する
人間の内なる力を役立てるのが
フラワーレメディ(エッセンス)です。

フラワーエッセンスには
植物の生きる力のパターンが
転写されています。

エッセンスをとることで
植物の生きる力を
自分の生きる力に
役立てることができます。

植物に触れて元気が出た時のように、
心がバランスを取り戻し、
苦しい時もなんとかやってみよう、と思える。

そんな前向きな気持ちを取り戻す
後押しになります。

フラワーエッセンスについて

ワークショップ・スケジュール

関連記事

  1. 『フラワーエッセンス・ヒーリング』の復刊にご協力を

  2. こんな時にこころのサポートを(633)

  3. 秋の実りを受けとろう

  4. 森は生きている

  5. 木と人間の繋がり

  6. 楽しいマクロフォト5

  7. こんな時にこころのサポートを(617)

  8. ケルトの暦の聖なる樹:1.シラカバ