スミレの紫色:万葉集にも

スミレの花は古くから
歌や神話に登場していました。

万葉集にはスミレを題材にした歌が4首ありました。

その一つをご紹介すると、
山吹の 咲きたる野辺のつほすみれ この春の雨に盛りなりけり
(高田王女)

ヤマブキの咲いている野辺に
ツボスミレも満開で
春の雨の中、
生き生きと咲いている様子が歌われています。

今の冬の季節に
ヤマブキの黄色とスミレの紫色が広がる野原を
想像すると嬉しくなります。

春遠からじ、ですね。
暖かくしてお過ごしください。


ワークショップ・スケジュール

関連記事

  1. 春の苦味

  2. ラナンキュラスの花びらとバターカップ

  3. 「ハロウィン」とフラワーエッセンス

  4. 楽しいマクロフォト6

  5. 木と人間4

  6. バランスを整える

  7. 早咲きのスミレ

  8. ケルトの暦:冬至