フラワーレメディ(エッセンス)の働き(4)

バッチ博士が生きた時代
バッチ・フラワーエッセンスの開発者である
エドワード・バッチ博士が
英国で医師・細菌学者として活躍したのは、
1910〜30年代のことです。

第一次世界大戦前後と
次の大戦までの不穏な時代、
人々が不安と恐怖の中にいた当時、
インフルエンザ(スペイン風邪)も
大流行しました。

日本では大正時代と昭和初期に当たります。

英国の人気ドラマ「ダウントン・アビー」は
当時の様子を知る上でも参考になります。

1918年に起きた
インフルエンザ(スペイン風邪)が
蔓延した時、
博士は非公式で依頼を受け、
各野営地で予防接種をおこなって
数千人の命が救われたと
言われています。

今に生きるバッチ博士の言葉
去年は新型コロナウィルスの問題で
スペイン風邪と比較される場面も多く、
改めて当時の博士の
病気や感染についての考え方を
見直す機会もありました。

博士の文章は、
90年を経た今でも
生き生きと語りかけ、
コロナ禍にある私たちに
励ましや勇気を与えてくれます。

1931年に発表された
汝自身を癒せ 病気の真の原因と治癒について』には、
恐怖心とどのように向き合ったら良いのか、
大きなヒントも記されています。>>

博士は恐怖心が
人の心を落ち込ませることで、
物理的な体と磁気的な体に
不調和を引き起こし、
病が入り込む隙を与える」と考えました。


不安や恐れのためのレメディ
フラワーレメディ38種の完成後
博士は7つのグループに分類し、
その1つに
不安や恐怖心を調整するためのエッセンスとして
5種類を選んでいます。

ミムラス
ロック・ローズ
チェリー・プラム
アスペン
レッド・チェストナット

それぞれのエッセンスを選び分ける時の
目安となる特徴について、簡単に
今のコロナ禍での恐怖心と関連づけると
次のような変化の方向性があります。

「ミムラス」
感染の心配や不安で落ち着かない時に

恐怖を受け止めて、
自分の今できる改善策を見出して行動に移す助けになります

「ロック・ローズ」
実際に感染してしまったり、
その危険を強く感じてパニックになる時に

普段考えている「自分の限界」を超え、
乗り越える勇気と精神力、行動力を発揮できるよう促します

「チェリー・プラム」
体の抵抗力を保つ努力をしたいのに
自分をコントロールできず不摂生を続け、恐怖に駆られる時に

心を清めて冷静さを取り戻すよう働きかけます。
自分を不健全な行動に走らせる理由について
洞察を得るサポートにもなります

「アスペン」
未来のことが気がかりで落ち着かない時や
ゾッとする感覚に悩む時に

漠然とした恐れに対して意識的になり、
先のヴィジョンを持って前に進む後押しになります

「レッド・チェストナット」
家族や愛する人の感染や健康状態が
気になって仕方がない時に

心配は返って相手のためにならないことに気づき、
「大丈夫」と信頼する方向に心を整えるよう働きかけます

ロック・ローズチェリー・プラム
緊急用として5種類がブレンドされた
ファイブフラワー(レスキュー)レメディにも
含まれています。
どれを飲むか、選択に迷う場合は
まずファイブフラワー・レメディをとることを
おすすめします。
ショックやパニックなど、強い感情を
速やかに解放する助けになります。

恐れをテーマにした5種のエッセンスを中心に学ぶクラス
入門編 2月7日(日)13:00~15:30 オンライン
中級編 3月7日(日)13:00~17:00 リアル
3月14日(日)13:00~17:00 オンライン

 

フラワーエッセンスの自然な働きかけ
上のように、
レメディをとった時の
変化の指標はありますが、
心は体と同じように
一人ひとり違い、個性があります。

捉え方や感じ方も異なり、
人生でのタイミングも違うので、
変化はすぐに同じように
実感できるとはかぎりません。
ゆっくりと時間をかけて
変化を感じる場合もあります。

フラワーエッセンスは
植物の有効成分(薬効)によって
人に強制的に働きかけるものではないので
飲んだ後の反応や実感の仕方も同じではなく、
上の範囲にとどまりません。

その人のタイミングと自然な過程をへて
本人らしい調和した状態に戻るよう
働きかける触媒(カタリスト)として働きかけます。

悩みやストレスを抱えた不調和な心が
エッセンスを通じて
植物の調和した生命力と共鳴し、
本来の健全な心の力を取り戻す
助けになるのです。


こころの土台を整え変化を促す
 〜今こそフラワーレメディを
健全な心の力が取り戻された時、
自然と自発的に、
その人本来の実力や魅力を
発揮する方向へと促されます。

心の土台を整え、
変化の後押しとなるのが
フラワーレメディ(エッセンス)です。

感染者が増え続け、
2度目の緊急事態宣言が発令された今、
自分の中の恐れや不安を整え
前向きな心を持ち続けられるよう働きかけます。

今こそフラワーレメディを。

ぜひ役立ててみてください。

〜・*〜・*〜・*〜・*〜・*〜・*

オンライン
フラワーエッセンス体験ワークショップ

こんな方におすすめです
・ストレスとうまく付き合いたい
・これまでのパターンを変えたい
・変化する必要は感じるが具体的にどうしたら良いのかわからない
・植物の持つ力に興味がある
・アロマテラピーやハーブに加え、植物の力を生かしたい
・植物が好きで、その力をもっと知りたい
・フラワーレメディ(エッセンス)に興味がある
・知ってはいるが、まだ体験したことはない
・何度か飲んでみたが「良くわからない」と感じた

ご質問なども伺いながら、
90年前に英国で医師によって開発された
バッチ・フラワーエッセンスの基本と要点を
お伝えします。

当日は38種の中から
ご自分に合うエッセンスをセレクトしていただきます。
そのエッセンスのフラワーエッセンス・ボトル(スプレータイプ)を
終了後にお送りしますので、1ヶ月ほど実際に体験していただけます。

 *詳細>>

〜・*〜・*〜・*〜・*〜・*〜・*

そのほかのワークショップ・スケジュール >>

 

関連記事

  1. こんなときにこころのサポートを(636)

  2. こんな時にこころのサポートを(600)

  3. こんな時にこころのサポートを(597)

  4. こんな時にこころのサポートを(621)

  5. こんな時にこころのサポートを(644)

  6. ケルトの暦の聖なる樹:3.トネリコ

  7. こんな時にこころのサポートを(596)

  8. こんな時にこころのサポートを(599)