今に生かすバッチ博士のことば

先日、
バッチのフラワーレメディー
植物のかたちとはたらき

読書会の新シリーズ
「セカンド19」の第2回目が
終わりました。
ご参加くださった皆様、
ありがとうございました。

今回は
ウィルスのニュースで
不安が広がる最中であることから、
始めにフラワーレメディの開発者、
バッチ博士の文章を読んでから
本書に入りました。

バッチ博士が活躍した時代は
90年ほど前になりますが、
2つの大戦の間で
スペイン風邪も大流行しました。

当時の人々の不安は
今にも通じる面が
多々あるように感じます。

博士の著作を読み直すことで、
あらためて私たちが今
不安な中を
どのように過ごしたらよいのか、
大きな示唆を得ることができました。

少し長くなりますが、
バッチ博士の著作
『汝自身を癒せ
Heal Thyself』(1931年)の
一部をご紹介します。

現在、恐怖心が病気の勢いを強めています。
… 人々の中に呼び起こされた恐怖が、
かえって人を病にかかりやすくしています。

細菌のような微生物は、
肉体的な病気に関係しているか、
一部が誘因となっていることもあります。

しかし、科学的に、あるいは
当然のこととして説明のつくような、
真相の全てでは決してありません。

科学が物理的な根拠に基づいて
説明し切れない要素があります。

それが、同じ感染の可能性を持ちながら、
病に冒される人もいれば、
冒されないで済む人もいる理由です。

唯物主義は、病の要因が
物理的な次元を超えたところにあるのを
見落としています。

どんな病であろうと、
その要因こそが
日常の暮らしの中で、
人を病から守ったり、
かかりやすくしているのです。

恐怖は、
人の心を落ち込ませることで、

物理的な体と
磁気的な体に
不調和を引き起こし、
病が入り込む隙を与えます。

細菌やそれに類する物質的な要素だけが、
確かで唯一の病の原因であれば、
それを恐がらないようにと言っても
難しいかもしれません。

しかし、一番悪い伝染病でさえ、
感染の危険にさらされた人の
一部だけが病に冒されています。

… 病の本当の原因は人格にあり、
それは自分で管理できるものです。

このことを理解するなら、
人は、自分自身に病を治す
手立てがあることを悟り、
恐れず、勇敢に行動できるようになります。

そして、物理的な要素だけを
病気の原因ととらえることで生まれる、
あらゆる恐れを
心から払いのけることができるのです。…

(『エドワード・バッチ著作集p.209 より

 

フラワーレメディ(エッセンス)
心の不調和を整え、
病を未然に防ぐ手立てになるものとして
開発されました。

全38種類が完成して
80年以上になりますが、
以来イギリス本国をはじめ世界の国々で、
日本でもおよそ30年ほど前から
愛用されています。

いつの時代も、
洋の東西を問わず、
私たちは流れてくる
不安なニュースに敏感に反応し
恐怖を募らせる傾向があります。

バッチ博士の指摘のように、
気にし過ぎて
かえって恐怖心を大きくし
影響を受けやすくなる代わりに、
必要な情報を生かし
現実的に対処しながら
心のケアも抜かりなく、
バランスを整えていきたいものです。

●来月の読書会

■3月15日(日)(リアル講座)/22日(日)(ウェブ講座)
いずれも13:00~17:00
自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(part 3 第3回)
【セカンド19
(第1部)周囲とのかかわり】
*第3回 3月15日/Web 22日(日) 13:00~17:00(途中休憩あり)
p.223 第15章p.223 第15章「影響を受けて」
クラブ・アップル、ウォールナット、ホリー
・花のかたちと数
※一部次回に繰り越される可能性があります。
◇使用テキスト
ジュリアン・バーナード著/編
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
◇参考図書
バッチフラワー 内なるエッセンス
エドワード・バッチ著作集

関連記事

  1. 呼吸とフラワーエッセンス

  2. こんな時にこころのサポートを(595)

  3. 聖書に思うフラワーレメディの意味

  4. こんな時にフラワーエッセンスを(614)

  5. こんな時にこころのサポートを(660)

  6. 木と人間2

  7. 【ご感想】新読書会 part2 「7ヘルパーズ」第2回

  8. 10月の読書会『バッチ…植物のかたちとはたらき』のご案内