こんな時にこころのサポートを(663)

あぁ、もう12月、
それも10日も過ぎちゃった。
大掃除しないと、それに年末の準備も
そろそろしないと。
だけど、どうも腰が重くって..

アタマでは
今やらなくてはいけないことを
私たちはよくわかっています。

ですが、できない、
どうも腰が重くて
やる気が出ない。

そんな時もあります。

やってみれば
さっさと終わらせられると
わかっている時でさえ、
先延ばしにしてしまうことも
ありませんか?

そんな時は
ホーンビーム」の
フラワーエッセンスがおすすめです。

やらなくちゃ、という
プレッシャーで
身動きが取れない時、

月曜の朝のように、
始めてしまえば
いつも通りに
仕事をこなすことができるのに、
気が重く、動きたくない時、

元気とやる気を取り戻し、
かろやかに物事をこなす
助けになります。

この木はとても実用的な木です。
鉄が機械の部品に使われる前、
ホーンビームの堅い幹が
車輪や水車、農耕具の要に
使われていました。

数年に一度、花が満開になると
木全体が緑色に輝くコートに
包まれたように、
はっとするような美しさがあると
言われています。

この花のエッセンスは、
目の前の、すべきことに
圧倒されて動けない
かたくなになった心に刺激を与え、
行動を起こす助けになります。

そしていつものように
かろやかに仕事をこなす
後押しになるのです。

能力以上と思える仕事さえ、
いつか、より良く
できるようになることを信じて、
持てる限りの力を尽くす
気力もよみがえらせてくれるでしょう。

師走の忙しい時期に入りますが、
今日も元気に、良い一日をお過ごしください。

参考:ジュリアン・バーナード『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき

~*・~*・~*・~*・~*・

バッチ・フラワーエッセンスは
おもにイギリスに自生する植物の
満開の花と
湧いたばかりの新鮮な水を使い、
自然界の四大元素を生かして
作られています。

約80年前に英国人医師
エドワード・バッチ博士によって
開発されて以来、
英国王室や欧米の
セレブリティも愛用する
ヒーリング・アイテムです。

こころを整え、
すこやかな毎日へと促すだけでなく、
私たちが変化し
成長していくために必要となる力
(理解力や受容力、行動力など)を高め、
前に進むサポートになります。

今の不安定になりがちな状況にも、
力強い後押しとなります。

自分の内にある本来の力を
発揮できるようにうながします。


ワークショップ・スケジュール


フラワーエッセンス体験ワークショップ


オンライン読書会『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
12月27日(日)
13:00~17:00(途中休憩あり)

関連記事

  1. こんな時にこころのサポートを(602)

  2. 心の闇に変容を促すフラワーエッセンス(1)闇に光を

  3. こんな時にこころのサポートを(593)

  4. こんな時にこころのサポートを(639)

  5. フラワーエッセンスのちから

  6. こんな時にこころのサポートを(671)

  7. 新月の投稿と「不安や恐れ」のためのレメディ

  8. こんな時にこころのサポートを(592)