こんな時にこころのサポートを(785)

私たちは時に、
「良くない」とわかっているのに
「どうしても反応」してしまうような
ことがあります。

少し待てば、冷静になって
自分にも周りにも
優しい対応ができるのに、

つい瞬時に反応して、
心地よくない結果を招いてしまう…

そんな時、
・反省を超えいつまでも自分を責めたり
パイン)、
・自分にダメ出しをして気にし過ぎたり
クラブ・アップル)、
・学んでいないとがっかりしたり
チェストナット・バッド)など、

暗い気持ちになって
落ち込んでしまうこともあります。

それぞれの気持ちを整える
フラワーエッセンスがあります。

それともうひとつ。

あらためて気づいた時こそ
そのことに取り組む
タイミングなのかもしれません。

これまでどこかでわかっていても
直視できず、

「ないこと」にして
「見ない」ようにしていたと
はっきり気づいた時には、

アグリモニー」の
フラワーエッセンスもおすすめです。

私たちはできれば
「ポジティブ・シンキング」で
物事の暗い面や心配事に目を向けるより
楽しいこと、良きことに焦点を当てて
進みたいものです。

けれど、
それが助けになる場合があるのと同時に、

心配事や悩みにも目を向けて
取り組む必要があることもあります。

向き合う必要のあることを見ず
周囲の楽しいことや
自分を忙しくすることで
気を紛らわそうとする時や、

自分を笑い飛ばして
向き合うことを避けているような時、
アグリモニー」のフラワーエッセンスは
助けになります。

またこれまで無意識に
気づかないようにしていたことに
気づいた時にも
力強いサポートです。

闇が濃くなる今の季節は
そんな「見たくない」自分の面に
出会うことも多いようです。

心の闇が浮上しやすい今、
無意識の領域に
抑え込んでいた気持ちが
あぶり出されるような時、

ぜひ「アグリモニー」を
使ってみてください。

心の中の
暗い部分も受け止めて、
持ち前のユーモアで
明るくすこやかに日々を過ごす助けになります。

そして、
自分が本当に目指していることに
焦点を当てて進んでゆけるように
背中を押してくれるでしょう。

アグリモニーの花が
花穂の下から上へと
らせんを描いて開いていく様子は、
光に向かって成長してゆく
私たちのプロセスと
呼応しているかのようです。

苦しみや悲しみを超えた
心の平和とは
人生がどこに向かって
成長し進んでいくのかを
深く理解して
受けとめることから始まることを
アグリモニーの花は教えてくれます。

〜*・〜*・〜*・〜*・〜*・〜*・

フラワーエッセンスは
およそ90年前に英国の医師が開発した
心のバランスを整えるための
自然のレメディ(心の処方箋)です。

おもに、市販の小瓶から数滴
飲料水やハーブティーなどに垂らして
飲んで使います。

今のような大きな変化の時、
不安な要素や
日常のストレスで
心が不調和に陥った時、
心のバランスを整え、
本来の心の力や自分らしさを
取り戻す助けになります。

初めての方に体験していただける
ワークショップがあります。
次回は11月25日(土)に行います。
どうぞお気軽にご参加ください。

オンライン・ワークショップ
「ストレスを抱える女性のための
フラワーエッセンス体験ワークショップ」

トリートメント・スプレーボトル付き

11月25日(土)10:00〜12:00

【知る/体験する】

リアル/オンライン講座

「バッチフラワー・ポスター講座」
フラワーレメディ・ライフ中級編

リアル 12月3日(日)
オンライン 12月10日(日)

いずれも13:00〜17:00

バッチフラワー・ポスター講座 フラワーレメディ・ライフ中級編」

関連記事

  1. こんな時に心のサポートを(648)

  2. 今に生かすバッチ博士のことば

  3. 身軽に生きる

  4. バッチ博士のことば2

  5. 「ストレスをかかえる女性のためのフラワーエッセンス体験ワークショップ」…

  6. こんな時にこころのサポートを(765)

  7. こんな時にこころのサポートを(610)

  8. 2022年 今年もありがとうございました