こんな時にこころのサポートを(722)

今まで 『やればできる!』と思って
精一杯やってきたけど、

よかったのかな。
やれてるつもりだったけど、
実際どうなんだろう

自分なりに精一杯力を尽くして
成果も上げてきたのに、
突然疑う気持ちが出てきて
自信を失ってしまう時には
エルム」のエッセンスがお勧めです。

このエッセンスは
していたことの本来の意味や目的を思い出し、
自分の力を信頼して前に進む
助けになります。

チェリー・プラムと同様に、
この植物スピリット(精気)の力は、
密集して咲く
エルムの花に表れています。

エルムは、私たちが物質界に
あまりに深く根づいてしまった時、
自らの純粋な力の源に
もう一度結びつけてくれます。

『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
(ジュリアン・バーナード、英国f.r.p.)p.190




植物の特徴と人間の心理状態とのつながりを
詳しく考察した
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
(ジュリアン・バーナード、英国 f.r.p.)の
読書会が来月から始まります。

これからバッチフラワーについて
詳しく学びたい方や、
バッチフラワーをその植物の特徴(ジェスチャー)からも深く知り、
さらに実用性を高めたいと思われている方に
役立つ内容です。


読書会
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
~ 意識の進化とバッチフラワー《第3部 セカンド19》~

*第1回目は
・リアル:9月12日(日)
・オンライン:9月19日(日)
13:00~17:00に行います。

*内容(予定)

【I. はじめに】バッチフラワーと本書の全体像
1. バッチフラワーの全体像
□ 発見順の3つのグループと7つのカテゴリー
□ セカンド19の意味合い
□ 太陽法から煮沸法へ

2. 1935年のバッチ博士とセカンド19の植物

3. セカンド19 を知る本書の流れ

【II. 周囲との関わり】チェリー・プラム〜ホリー
p.181 第11章「後半のレメディの始まり」
チェリー・プラム、エルム、アスペン


全6回をかけて最終章まで読み進めますが、
1回ごとでもお申込みいただけます。

■詳細はこちら >>

■本書のご購入 >>



フラワーエッセンスは
およそ90年前に英国の医師が開発した
心のバランスを整えるための
自然のレメディ(心の処方箋)です。

おもに、市販の小瓶から数滴
飲料水やハーブティーなどに垂らして
飲んで使います。


今のような不安な状況や
日常のストレスで
心が不調和に陥った時、
心を調整し、本来の心の力や自分らしさを
取り戻す助けになります。
>>フラワーエッセンスについて

初めての方に体験していただける
ワークショップがあります。
次回は9月29日(水)に行います。 >>
どうぞお気軽にご参加ください。
>>ストレスを抱える女性のための
フラワーエッセンスワークショップ

その他のワークショップは
こちらに掲載しています。
>>ワークショップ・スケジュール

 

関連記事

  1. こんな時に心のサポートを(662)

  2. こんな時にこころのサポートを(657)

  3. こんな時にこころのサポートを(663)

  4. こんな時にこころのサポートを(595)

  5. こんな時にこころのサポートを(664)

  6. 新しい始まりとゴースの花

  7. こんな時にこころのサポートを(611)

  8. こんな時に心のサポートを(651)