こんな時の心のサポートを(723)

なんとなくいやな予感。
悪いことが起こりそうな気がして
落ち着かない…

具体的な理由もないのに
不吉な予感で
落ち着かない時には
アスペン」のフラワーレメディがあります。

このエッセンスは、
漠然とした理由のない不安感や恐怖を乗り越え、
自分と外側の境界をはっきりさせて
新しい一歩を踏み出し
新たな領域に分け入る助けになります。

..アスペンの状態の人が、
目に見えない未知の恐れから逃れるためには、
物質的な現実に注意を向ける必要があります。
…この木の成長力は、
大地に近づくと明らかになります。
幹は根元からうねを成し、
力強いエネルギーのネットワークを表します..

バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
(ジュリアン・バーナード、英国f.r.p.)p.193




植物の特徴と人間の心理状態とのつながりを
詳しく考察した
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
(ジュリアン・バーナード、英国 f.r.p.)の
読書会が来月から始まります。

これからバッチフラワーについて
詳しく学びたい方や、
バッチフラワーをその植物の特徴(ジェスチャー)からも深く知り、
さらに実用性を高めたいと思われている方に
役立つ内容です。


読書会
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
~ 意識の進化とバッチフラワー《第3部 セカンド19》~

*第1回目は
・リアル:9月12日(日)
・オンライン:9月19日(日)
13:00~17:00に行います。

*内容(予定)

【I. はじめに】バッチフラワーと本書の全体像
1. バッチフラワーの全体像
□ 発見順の3つのグループと7つのカテゴリー
□ セカンド19の意味合い
□ 太陽法から煮沸法へ

2. 1935年のバッチ博士とセカンド19の植物

3. セカンド19 を知る本書の流れ

【II. 周囲との関わり】チェリー・プラム〜ホリー
p.181 第11章「後半のレメディの始まり」
チェリー・プラム、エルム、アスペン


全6回をかけて最終章まで読み進めますが、
1回ごとでもお申込みいただけます。

■詳細はこちら >>

■本書のご購入 >>



フラワーエッセンスは
およそ90年前に英国の医師が開発した
心のバランスを整えるための
自然のレメディ(心の処方箋)です。

おもに、市販の小瓶から数滴
飲料水やハーブティーなどに垂らして
飲んで使います。


今のような不安な状況や
日常のストレスで
心が不調和に陥った時、
心を調整し、本来の心の力や自分らしさを
取り戻す助けになります。
>>フラワーエッセンスについて

初めての方に体験していただける
ワークショップがあります。
次回は9月29日(水)に行います。 >>
どうぞお気軽にご参加ください。
>>ストレスを抱える女性のための
フラワーエッセンスワークショップ

その他のワークショップは
こちらに掲載しています。
>>ワークショップ・スケジュール

 

関連記事

  1. 花のちから:満開の白バラとバッチのワイルド・ローズ

  2. こんな時にこころのサポートを(610)

  3. シンプルに生きる:モード・ルイスの映画から

  4. こんな時にこころのサポートを(700)

  5. こんな時にこころのサポートを(689)

  6. 怖さを知っている人

  7. こんな時にこころのサポートを(687)

  8. ご感想「バッチフラワー セルフヒーリング講座」