こんな時にこころのサポートを(664)

あぁ、もう師走が10日も過ぎたのに
まだ何にも終わってない。
焦るなー💦 早くやらないと
。」

やらなければいけないことが
たくさんあって、
まだ手付かずの時、
とても焦りますね。

そんな時は
まず深呼吸しましょう。

深い呼吸を数回繰り返すだけで、
少し落ち着きます。
焦る時こそ必要なのは
肩の力を抜いて
リラックスすること。

けれど、焦っていると
それが難しいのですよね。
できるかぎりリラックスするように努めたいものです。

そんな、気が急いてイライラと
神経過敏になっている時、
助けになるのが
インパチェンス」の
フラワーエッセンスです。

この美しい
薄紫色の花の
エッセンスは
急ぐ心にバランスを
取り戻させてくれます。

自分や人に
「早くっ!」と
プレッシャーをかけるかわりに、
心に優しさと余裕を取り戻し、
自分にも人にも寛容な見方をして、
できることに力を尽くす
助けになります。

開発者のバッチ博士は
この花のレメディについて
次のように表現したことがありました。

インパチェンスは
激しい苦痛を抱える人です。
この苦痛は、霊的な光や
真理を受け止める
内なる回路を閉ざすことが
原因で起こります。
多くの場合、

ある種の残酷な性質が
この痛みをもたらしています
(1933年『12ヒーラーズ』より)

…あなたはせっかちで、
その性急さが、
時に自分を残酷に
していると思いますか。
…そうであるなら、
あなたはこの上なく
素晴らしい優しさと
許容する心を育むために
努力しているのです。
ウェールズの小川の辺に育つ、
美しい薄紫色の
インパチェンスの花が、
その恵みを携えて、
あなたが優しく寛大に
人を許せるよう努力する
後押しとなってくれます
(1932年『汝自身を解放せよ』より)

心に寛容さを取り戻す助けになる
インパチェンスは今のような
忙しい季節の大きなサポートです。

ぜひ役立ててみてください。

参考:
ジュリアン・バーナード
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき

~・*~・*~・*~・*~・*

フラワーエッセンスは
およそ90年前に英国の医師が開発した
心のバランスを整えるための
自然のレメディ(心の処方箋)です。

おもに、市販の小瓶から数滴
飲料水やハーブティーなどに垂らして
飲んで使います。

今のような不安な状況や
日常のストレスで
心が不調和に陥った時、
心を調整し、本来の心の力や自分らしさを
取り戻す助けになります。
>>フラワーエッセンスについて


フラワーエッセンスを体験してみませんか?
1月9日(土)13:00からオンライン体験ワークショップがあります。
当日、実際に選ばれたエッセンスを使っていただく
「トリートメント・ボトル(スプレータイプ)」を
終了後にお送りします。
どうぞお気軽にご参加ください。
詳細>>


その他のワークショップ・スケジュール >>

関連記事

  1. 心の闇に変容を促すフラワーエッセンス(1)闇に光を

  2. 闇が深まる季節に向かうサポート・エッセンス

  3. こんな時にこころのサポートを(600)

  4. ケルトの暦の聖なる樹:3.トネリコの花

  5. ラナンキュラスの花びらとバターカップ

  6. こんな時にこころのサポートを(626)

  7. こんな時にこころのサポートを(665)

  8. 森は生きている