日向夏の贈り物

昨日のこと。
家の郵便ポストの下に
何かが入った
白いビニール袋が置かれていました。

こんな時なので、
不審に思いながら開けてみると、
10個近くもの日向夏(ひゅうがなつ)
入っていました。

同封のメモで
お隣のKさんからとわかり
ひと安心。

庭の日向夏を収穫して
食べきれないのでどうぞ、とのこと。

Kさんは
駅と逆方向のお隣なので
お会いすることのほとんどない方です。

植物を愛するご夫婦で、
庭にはいつも花が咲いています。
門の横に日向夏の木がありました。

今は外出自粛の時。
人と物理的に距離を置くことが
すすめられています。

そんな時に
始まる交流もあるのだと
嬉しくなりました。

たいへんな時ですが、
皆できっと乗り越えられる、と
日向夏のさわやかな酸味を味わいながら
感じています。

今日もしっかりケアをして
元気に過ごしましょう。

~*・~*・~*・~*・~*・

バッチ・フラワーエッセンス
おもにイギリスに自生する植物の
満開の花と
湧いたばかりの新鮮な水を使い、
自然界の四大元素を生かして
作られています。

約80年前に英国人医師
エドワード・バッチ博士によって
開発されて以来、
英国王室や欧米の
セレブリティも愛用する
ヒーリング・アイテムです。

こころを整え、
すこやかな毎日へと促すだけでなく、
私たちが変化し
成長していくために必要となる力
(理解力や受容力、行動力など)を高め、
前に進むサポートになります。

今の不安定になりがちな状況にも、
力強い後押しとなります。

ワークショップ・スケジュール

フラワーエッセンス体験ワークショップ

新読書会
4月19日(日)/26日(日)
いずれもWeb 13:00~17:00(途中休憩あり)
自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(part 3 第2回)

【セカンド19(第Ⅱ部)
心のパターンとレメディ実践のパターン】※
p.235 第17章「築くパターン、壊すパターン」
スター・オブ・ベツレヘム、ホワイト・チェストナット、レッド・チェストナット、(パイン)
・花のかたちと数
※一部次回に繰り越される可能性があります。
◇使用テキスト
ジュリアン・バーナード著/編
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
◇参考図書
バッチフラワー 内なるエッセンス
エドワード・バッチ著作集

関連記事

  1. 今日から2月!

  2. 『フラワーエッセンス・ヒーリング』の復刊にご協力を

  3. 今日から3月:かろやかなスタートを

  4. 「花いっぱいプロジェクト」

  5. 楽しいマクロフォト4

  6. バレンタインデー

  7. 小鳥と花のこと

  8. 夏の白い花