冬至の前に思うこと

来週はいよいよ冬至ですね。
いかがお過ごしですか?

闇の極みに向かっている今ですが、
実は水面下では新しい始まりの
準備が着々と進んでいるように
感じます。

その準備は
水面下、目に見えない形でだけではなく、
目に見える形にもあらわれて、
変化の波がどーっと
押し寄せてきているような
印象です。

闇の時間の豊かさを
受け取るだけでなく、

これから始まる
新しい流れの準備をするように
力強く背中を押されているかのようです。

自分の向かう(目ざす)
「光」の方向は
どのようなものなのか—

闇の時間を過ごすことは、
あらためて自分にとっての
「光」を意識し、
自分に問いかける
機会でもあるのでしょう。

今のこの時を
大切に過ごしたいものですね。

暖かくして、呼吸を深くして、
お元気でお過ごしください。

●ワークショップ・スケジュール

【お申込受付中】講座・ワークショップ

関連記事

  1. ハクモクレンと月の光

  2. 聖書に思うフラワーレメディの意味

  3. 2020年 今年もありがとうございました

  4. アートのちから

  5. 光と水の印象にもぐる

  6. シンプルに生きる:モード・ルイスの映画から

  7. 子猫との暮らし

  8. 春の楽しみ