「花いっぱいプロジェクト」

SNSでシェアされていたニュース。
こちらのブログでもご紹介させていただきます。

新型コロナウイルスの影響で
卒業式や謝恩会、入学式など
一連のイベントが延期/取りやめになり、
花の需要が減ってしまったとのこと。

そのため、農林水産省では
花いっぱいプロジェクト」を実施するそうです。

普段は固い、生真面目な印象であろう
お役所の若手お二人が
花の魅力を語っておられます。
つい微笑んでしまう、
心和む映像です。

花の需要拡大に
少しでも協力できたらと思います。

この動画で、花の魅力

心を癒すこと
飾ると部屋が華やぐこと
■  季節を醸すこと
心が豊かになる・・と

男性が真顔で紹介されている光景に
嬉しくなりました。

花の魅力、大きいですよね。

こんな時だからこそ、
自然のめぐり、春の始まりにも
意識を向け、
健やかに過ごしたいものです。

~*・~*・~*・~*・~*・

バッチ・フラワーエッセンス
おもにイギリスに自生する植物の
満開の花と
湧いたばかりの新鮮な水を使い、
自然界の四大元素を生かして
作られています。

約80年前に英国人医師
エドワード・バッチ博士によって
開発されて以来、
英国王室や欧米の
セレブリティも愛用する
ヒーリング・アイテムです。

こころを整え、
すこやかな毎日へと促すだけでなく、
私たちが変化し
成長していくために必要となる力
(理解力や受容力、行動力など)を高め、
前に進むサポートになります。

ワークショップ・スケジュール

フラワーエッセンス体験ワークショップ

新読書会
3月22日(日)Web
13:00~17:00(途中休憩あり)
自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(part 3 第2回)

【セカンド19
(第1部)周囲とのかかわり】
p.223 第15章「影響を受けて」
クラブ・アップル、ウォールナット、ホリー
・花のかたちと数※
※一部次回に繰り越される可能性があります。
◇使用テキスト
ジュリアン・バーナード著/編
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
◇参考図書
バッチフラワー 内なるエッセンス
エドワード・バッチ著作集

関連記事

  1. シンプルに生きる:モード・ルイスの映画から

  2. 春のちから

  3. スミレの紫色:植物と人間

  4. 「喜びは悲しみの素顔」

  5. 今日から2020年1月!

  6. いつの間に

  7. 印象深いことば:喜びと悲しみ

  8. こんな時にこころのサポートを(605)