こんな時にこころのサポートを(794)

今日の東京はポカポカ陽気。
外を歩くとどこからか
沈丁花の香りがします。
いかがお過ごしですか?

3月に入り、
2月の忙しさとはまた違った
忙しさを感じています。

4月の年度始まりという
節目を前にした慌ただしさでしょうか。

実際にお子さんの卒業や入学準備、
会社での転勤、部署が変わるなどの
変化を経験されている方もいらっしゃれば、

一見したところ大きな変化はなくても、
ご自身の中で、新しく始まる動きを
感じていらっしゃる方も多いようです。

私自身もそうですが、そのような時は
気持ちが不安定になりがちですね。

やりたいこと、やるべきことは
山のようにあるのに、
自分の「遅い」ペースに
イライラしたり、
早る気持ちに圧倒され
逆に身動きが取れなくなる
感覚もあったりします。

そのような時に
助けになるフラワーエッセンスとして、

ホーンビーム
(やるべきことに圧倒されて腰が重い状態に)や


インパチェンス
(急ぎすぎて自分にも周りにもプレッシャーをかけて神経過敏になる状態に)が
あげられますが、

もうひとつ気づくのは、
さっさと動けない自分を責める気持ちも
大きく作用しているのではないかということです。

新しい始まりを感じているのに
動けない「ダメな自分」を感じ、
心が重くなってその状態にとどまってしまうような時、


パイン(ヨーロッパアカマツ)の
木の花のエッセンスも助けになります。

パインの木は、
下方(過去)の枝を落としながら
上(光)に向かってまっすぐに伸びる
性質を持っています。

ケルトのこよみでも
闇から光に転じた後の
「始まり」を守護する木と
とらえられていたという説があります。

このエッセンスは、
過去にしてしまった後悔や反省に
とらわれることから脱し、
本来の自分の元気(生命力)とつながって
まっすぐに自らの方向を目指す
後押しとなります。

今どこかで自分を責める気持ちを
少しでも感じたら
「パイン」のレメディを
とってみてください。

まっすぐに自分の進む方向をめざす
気持ちをよみがえらせ、
かろやかに、
できることから一つずつ
行動するサポートになるでしょう。

〜*・〜*・〜*・〜*・

<ワークショップ>
「春分から始まるバッチフラワーことはじめ〜ケルトの視点を入り口に〜」
(お申込みを3月17日(日)16時まで受付中です)

<詳細>

ワークショップ「春分から始まるバッチフラワーことはじめ〜ケルトの視点を入り口に〜」

< 日 程 >
第1回 3月19日(火)《春分》
第2回 6月19日(水)《夏至》
第3回 9月20日(金)《秋分》
第4回 12月20日(金)《冬至》
+冬至のプレゼント:12月21日(金)
ケルティック・オラクルカードリーディング(お時間はご相談の上決定)

<時間>
オンライン 19:00~21:00
*録画受講可
*リアル(対面)での参加をご希望の方は、お申込み時にお知らせください。3名様以上で実施いたします。
*配布資料はpdfでお送りします

<場 所>
オンライン: Zoomのつながる場所
リアル(対面)は3名様以上で実施

<エッセンス・スプレーボトル付き>

⚫︎その他のワークショップ

関連記事

  1. 春分:ゴースの花のちから

  2. バッチフラワー・ポスター講座 フラワーレメディ・ライフ中級編」

  3. こんな時にこころのサポートを(731)

  4. こんな時にこころのサポートを(722)

  5. 新刊『バッチフラワーエッセンス 水のパターン』

  6. バラと人間のつながり

  7. ケルトの暦と日本の暦

  8. フラワーエッセンスのちから