上弦の月とアイルランドの祝日

今日の月は上弦ですね。
そして3日後には
春分を迎えます。

いよいよ時が満ちて
現実に行動を起こしてゆく時
という気がして
背筋がピンと伸びるような
よい意味での緊張感と
ワクワクした高揚感があります。

もちろん不安も
ゼロではありませんが、
今となっては
そんなことを言ってはいられない、
とにかくやってみよう、と
背中を押されるような気がしていますが、
いかがでしょうか。

今日はアイルランドの祝日、
聖パトリックの日でもあります。

聖パトリックは5世紀、アイルランドに
キリスト教を広めた聖人です。

日本の立春の数日前、
2月1日に行われる、
春の到来を祝うケルトの祭り
「インボルク」にゆかりの
聖女ブリギッドとともに
アイルランドの「三大聖人」のひとりです。

聖パトリックは、
ケルトの血を引くウェールズ生まれの聖職者で
アイルランドに豊かに茂る緑の草、
シャムロック(クローバーやカタバミなど)の
3枚の葉をキリスト教の「三位一体」にたとえたり、
ケルトの言い伝えや自然信仰を
キリスト教と融合させる形で
広く布教活動を行ったと言われています。

聖パトリックのお祭りは
アイルランドだけでなく、
移民が渡ったアメリカ、
カナダ、オーストラリアの大都市でも
盛大に行われているとのこと。

日本でもまさに今日、
13時から東京・表参道で
パレードが行われるそうです。

そのシンボルは
緑色と緑の3枚の葉を持つ
シャムロック(クローバー)。

アイルランドでは
このシャムロックが一年中、
冬でも枯れずに緑色の葉を
大地一面に広げていることから、
「緑の国」と言われています。

秋になると、
緑の大地に茶色の枯葉が落ちる
不思議な光景が見られるとのこと。

暗い闇の半年が始まっても
光を象徴する緑が
自然界に存在し続けることは、
古代ケルトの時代から人々を
勇気づけてきたでしょう。

緑色は私たちにとっても、
生き生きとした生命力を象徴します。
またバランスの色であり、
ハートチャクラの色、
そして変化や成長の色でもあります。

数日後の春分を前に、
色とりどりの花と
新緑の季節の到来を喜び、
上弦の月を祝いたい
今日の日です。

どうぞ素敵な一日をお過ごしください。

〜*・〜*・〜*・〜*・

<ワークショップ>
「春分から始まるバッチフラワーことはじめ〜ケルトの視点を入り口に〜」
(今日の16時までお申込み受付中です)

<詳細>

ワークショップ「春分から始まるバッチフラワーことはじめ〜ケルトの視点を入り口に〜」

< 日 程 >
第1回 3月19日(火)《春分》
第2回 6月19日(水)《夏至》
第3回 9月20日(金)《秋分》
第4回 12月20日(金)《冬至》
+冬至のプレゼント:12月21日(金)
ケルティック・オラクルカードリーディング(お時間はご相談の上決定)

<時間>
オンライン 19:00~21:00
*録画受講可
*リアル(対面)での参加をご希望の方は、お申込み時にお知らせください。3名様以上で実施いたします。
*配布資料はpdfでお送りします

<場 所>
オンライン: Zoomのつながる場所
リアル(対面)は3名様以上で実施

<エッセンス・スプレーボトル付き>

⚫︎その他のワークショップ

【お申込受付中】講座・ワークショップ

関連記事

  1. 花のちから: スプリング・エフェメラル

  2. ケルト暦:13番目の月 エルダー(ニワトコ)

  3. こんな時にこころのサポートを(794)

  4. 講座「HEAL THYSELF ~今こそフラワーレメディを」入門編

  5. 今日から2020年1月!

  6. ケルトの暦:12月23日とパインの木

  7. ケルトの聖樹「エニシダ」

  8. 植物との交流とツバキのこと