立春:新しい季節のはじまり

今日は立春ですね。

立春とは、
春の兆しが
初めて現れてくるころ。

温かい春風が吹いて、
川や湖の氷が
解け出すころのこと。

日本の旧暦の
二十四節気、七十二候では、
この季節から一年が始まります。

長く固いつぼみだった
我が家のヒアシンスも
だんだんとつぼみが
膨らんできました。

葉を広げて
上に向かって
まっすぐに伸びる
花の様子に
春の息吹を感じます。

買った時には
固い緑色のつぼみで
花色はわかりませんでしたが、
どうやら紫色の花が
咲きそうです。

嬉しい春のはじまりです。

 

ワークショップ・スケジュール


2020年2月26日(水)スタート全5回
昼クラス13:00~15:00/夜クラス19:30~21:30

わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ VOL.11
宇宙の時間軸を月と共に生きるフラワーエッセンス
主催:mahina pharmacy

■2月16日(日)(リアル講座)/23日(日)(ウェブ講座)
いずれも13:00~17:00
新読書会
自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(part 3 第2回)

【セカンド19
(第1部)周囲とのかかわり】
*第2回 2020年1月16日/Web 23日(日)13:00~17:00(途中休憩あり)
p.209~ 第13章「人生との消極的な関り」
ホーンビーム
p.213~ 第14章「自分は悪くない」
ウィロウ、ビーチ
p.223~ 第15章「影響を受けて」※
※一部次回に繰り越される可能性があります。
◇使用テキスト
ジュリアン・バーナード著/編
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
バッチフラワー 内なるエッセンス
エドワード・バッチ著作集

関連記事

  1. 2022年1月: 月の巡りとケルトの暦

  2. 今日から10月

  3. 次に会える日

  4. 楽しいマクロフォト4

  5. キャベツのシンプル・クッキング

  6. スター・オブ・ベツレヘムの開花

  7. 木と人間5 ケルトのドルイド

  8. こころに残ることば