月の女神とウォールナット

ずいぶん秋めいてきましたね。
日差しはまだ強いものの、日陰に入れば
涼しい風の心地よさを感じます。

月の美しさも
印象深い季節になります。

月の女神といえば、
ギリシャ神話のアルテミスが
思い浮かびます。

バッチのフラワーレメディー
植物のかたちとはたらき

(ジュリアン・バーナード)の中で

「アルテミスは『山野の女神で処女神、
人間の踏み込めない不可侵の場所を司る』
荒野の女神」と記されています。

また「狩猟の処女神であり、
未婚の少女や出産、
母親になる移行期を司る」とのこと。

バッチフラワーでは
ウォールナット」とも
関わりのある女神です。

多産のイメージを中心に考えれば、
ギリシャの最高神、ゼウスとも
つながりますが、

雌花が子宮の形をしていること。
ウォールナットのフラワーエッセンスは
雌花だけで作られることを考えると、

アルテミスについて知ることで
ウォールナットのエッセンスの
特徴をより深く知る、
もしくは別の面からとらえる
きっかけになるでしょう。

子宮は、
新しい生命が生まれ、
保護され、育まれる場所です。

ウォールナットのレメディも
人生での新しい、大きな移行を
守り促す、力強い後押しとなります。

これからますます
日が短くなるのを実感する季節。

夜に浮かぶ月と呼応しながら、
自分の中の
アルテミスに通じる側面を
大切に育んでゆきたいものです。

🌕

月の巡りで体験する
フラワーエッセンス」クラスは
あと1名様の残席があるそうです。

ピンと来られた方、どうぞ
詳細をご覧ください。

新月から次の新月まで、
月の満ち欠けを意識して
フラワーエッセンスを体験ながら

無意識に通じる夜(闇)の時間を
豊かに過ごし、自分と仲良くなる
道筋をご一緒できればと思います。

~・*~・*~

🌕月の巡りで体験するフラワーエッセンス

2023年9月スタート わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ VOL.18『宇宙の時間軸を月と共に生きるフラワーエッセンス 』オンラインクラス

夜のクラス 19:30~21:30

第1回  9月15日(金)《新月》
第2回 10月20日(金)《上弦の月》
第3回 11月24日(金)《満月》
第4回 12月05日(火)《下弦の月》
第5回  1月10日(水)《まとめと振り返り》

主催 mahinapharmacy

関連記事

  1. こんな時にこころのサポートを(620)

  2. 開花したクレマチス

  3. ワークショップ「春分から始まるバッチフラワーことはじめ〜ケルトの視点を…

  4. フラワーエッセンス実用基礎講座

  5. 心の闇に変容を促すフラワーエッセンス(2)ロックローズ

  6. こんな時にこころのサポートを(706)

  7. バランスを整える

  8. スミレの紫色:植物と人間