桜の木々の復活

先月のある日、
図書館に行った時のこと。

入口の前には
切られて
1年ほど経つ
(もっと経っているかもしれません)

桜の木の根もとから
たくさんの枝葉が
伸びていました。

葉の周りが
茶色くなっているものも
あるのですが、

切り株になっても
枝を伸ばし続ける生命力を
目の当たりにしました。

なんど伸びても、
切られる運命に
あるのかもしれません。

それでも枝を伸ばし
葉をつける、
桜の木の
生きる力に
勇気をいただいたように
思います。

 

平安時代、人々は
日本の多くの樹木には
木霊(こだま)という
精霊が宿っていて、

その大半は
桜に宿ると
考えていたそうです。

桜の精霊は
きっとこの木々にも
宿っているのでしょう。

 

 

厳しい残暑のなか、
お元気でお過ごしくださいね。

〜*・〜*・〜*・〜*・

●ワークショップ・スケジュール

●【オンライン】
バッチフラワーエッセンス・実用基礎
8月30日(水)19:30スタート(全6回)
主催 @mahinapharmacy

●【オンライン】
ストレスを抱える女性のための
フラワーエッセンス体験ワークショップ

9月29日(金)
13:30~15:30

【知る/体験する】

●【オンライン】
バッチフラワー・セルフヒーリング講座
随時受付中

【オンライン】バッチフラワー・セルフヒーリング講座

●【リアル/オンライン】
読書会『バッチ…植物のかたちとはたらき』〜セカンド19

*印はオンライン
・第3回 8月20日/*27日(日)
・第4回 9月10日/*17日(日)
・第5回 10月15日/*22日(日)
・第6回 11月19日/*26日(日)

時間:13:00~17:00(途中休憩あり)

関連記事

  1. 春の苦味

  2. 立春:新しい季節のはじまり

  3. 夏の訪れとアガパンサス

  4. ケルトの暦と日本の暦

  5. いにしえからの薬草ヴァーベインとバッチ博士のフラワーレメディ

  6. ケルトの暦の聖なる樹: 6.サンザシ

  7. ケルトの暦の季節の祭り:春-インボルク

  8. 花のちから「LOVE」