白いヒヤシンス

春のはじめに
人気の球根花、
ヒヤシンス。

今年も美しく咲いて
さわやかな香りを
放っていますね。

先日お仲間と
ヒヤシンスの花を
いただく機会がありました。

くださった方の
温かいお気持ちと
仲間との繋がりも
嬉しく感じながら、
花とともに過ごしました。

その花もそろそろ
終わりに近づいています。

けれど終わりとは言え
よく見ると、
朽ちかけた花の
微妙な色合いや形も美しく、
最盛期とは違った
魅力があります。

その様子を見て、
花には、
つぼみから開花して
枯れるその最後まで
魅力があることを
実感します。

この花のように、
人も生きられたら…
そんな思いが
自然と湧きました。

けれども花は、
そのような
思いさえ持たずに
(たとえ栽培種であっても)
時とともに自然に咲いて
朽ちてゆくのです。

その姿を変えるさまにも
私たちは魅了され、
「美しい」と感じて
心が清められたり
引き上げられて元気になります。

— それは、
花の魔法の力と
感じています。

春、素敵な花の
魔法時間をお過ごしください。

・・・・・
フラワーカード・リーディングのお知らせ

4月5日(金)から
下北沢の mahina pharmacyさんで行われる「月の春じたく展 ときめく花の贈り物」でフラワーカード・リーディングをさせていただきます。ピンと来られた方、どうぞmahina pharmacyさんにお問い合わせください。
ご一緒させていただくことを楽しみにしています。
・実施日時
4月12日(金)、20日(土)の午後
・詳細 mahinapharmacy
https://www.mahinapharmacy.com/evnet/

関連記事

  1. 早咲きのスミレ

  2. シダレヤナギの花

  3. 夏の訪れとアガパンサス

  4. 春のちから

  5. 桃の節句とかたち

  6. バラと人間のつながり

  7. ケルトの暦:冬至

  8. 英国の2月のチェストナット・バッド