暗い気持ちになる時は

今年の冬至は12月22日。
冬至は「死と再誕」、
「光の再来」を象徴する
大きな節目のタイミングと
言われます。

古代からあらゆる地域の人々が
冬至に祈り、
祝祭を行なってきました。

人間も自然の一部として
星々や自然の移り変わりに
呼応していると考えれば、

闇の深さが増しているこの時期に
気持ちが暗い方向に
引っ張られがちなのも
自然なことと言えます。

問題や悩みに
取り組んでいることも、
なんとなく気分が暗いことも、
あるかもしれません。

そんな時は
自分の中に原因を探して
取り組むだけでなく、
同時にまわりの自然や
太陽・月の巡りにも
意識を向けたいものです。

少し大きな視点で
自分をとらえ、

必要以上に反省したり、
自分を悪ものにして
傷つけなくても済むでしょう。

自分が本当に大切にしているもの、
したいことにも
焦点が当たりやすくなります。

暗い気持ちや落ち込みも
自分にとっての必要性を
教えてくれる「心の声」とも
言えますね。

フラワーエッセンス
助けになります。

心の闇に光を当て、
自分を丸ごと受けとめて
前に進むサポートです。

寒い季節ですが、
暖かくして、
自分に優しい時間を
お過ごしください。

ワークショップ・スケジュール

1月27日(金)13:30〜15:30
ストレスを抱える女性のための
フラワーエッセンス体験ワークショップ

関連記事

  1. バッチ博士のことば

  2. こんな時に心のサポートを(724)

  3. こんな時にこころのサポートを(661)

  4. こんな時に心のサポートを(754)

  5. スミレの紫色:植物と人間

  6. こんな時にこころのサポートを(616)

  7. こんな時にフラワーエッセンスを(613)

  8. こんな時にこころのサポートを(669)