フラワーレメディ(エッセンス)の働き(3)

フラワーレメディ(エッセンス)をとると、
悩みやストレスを抱えた心が整い
前向きな気持ちを取り戻すことができます。

調和の取れた植物の生命力が
心に働きかけて共鳴し、
ゆっくりと自然に
健やかな心の状態へと戻ってゆくのです。

心が健やかさを取り戻すことで、
否定的なものの見方から離れ、
本来自分の中にあった行動力や
ストレスに動じない力をフルに生かして
前に進めるようになります。

たとえ問題はあり続けたとしても
自分のものの見方や感じ方が変わるので、
いつの間にか
問題でなくなってゆく場合が多いのです。

とらわれていた心が自由なると
直感力も冴えて
可能性やタイミングを
もっと生かすことができるようになるでしょう。

フラワーエッセンスは
植物と心をつなぐ
「カタリスト=触媒」です。

植物の生命力と心が共鳴することで、
ご自分の心の土壌を整えて耕し
本来自分の中にあった
自然で自分らしい力を生かして
毎日を健康で幸せに
過ごしてゆくことができます。

「ブレない自分」ではなく
「ブレても大丈夫」な自分へ。

フラワーエッセンスは
そんな自分の中心軸を定める助けになる、
いつでも身近に使える
セルフケア・アイテムです。

バッチ・フラワーエッセンスの開発者である
エドワード・バッチ博士は26才で
医師になって以来、
外科医、内科医を経て
腸内細菌を研究し
ワクチンの開発で注目を集めた気鋭の医師でした。

研究の結果、病気の本当の原因は
心理的な不調和にあると考えるようになりました。

そして魂も視野に入れた
心の不調和を整えるレメディを
今から約90年前に開発したのです。

博士にとって病気とは悪いものではなく、
私たちの心の不調和
(博士は「人格と魂の不一致」と表現しました)を教えてくれる
有益なものと考えていました。

「治療薬」として開発されたフラワーレメディですが、
薬効成分は一切入っていないので、
実際には「薬」ではありません。

販売されている小瓶(ストック・ボトル)には
保存料のブランデー
(メーカーによってグリセリンの場合もあります)の中に
フラワーレメディの母液が
2滴ほど入っているだけという
シンプルな製品です。
※日本では酒税法の関係で
ブランデーの場合、微量の海塩が含まれています

開発されて以来、英国、欧米をはじめ、
今では日本も含めたアジア、南米など
世界の国々で愛用されています。

英国王室、海外のセレブやアスリートにも
利用されている信頼度の高い
セルフケア・アイテムです。

〜・*〜・*〜・*〜・*〜・*〜・*

オンライン
フラワーエッセンス体験ワークショップ

こんな方におすすめです
・これまでのパターンを脱したいと思っている方
・変化する必要を感じるけれど、
その方向が見えず迷っている方
・植物の持つ力に興味のある方
・アロマテラピーやハーブに加えて植物の力を生かしたい方
・植物が好きで、その力をもっと知りたい方
・フラワーレメディ(エッセンス)に興味のある方
・知ってはいるが、未経験の方
・何度か飲んでみたが「良くわからない」と感じた方に。

ご質問なども伺いながら、
90年前に英国で医師によって開発された
バッチ・フラワーエッセンスの基本と要点を
お伝えします。

当日は38種の中から
ご自分に合うエッセンスをセレクトしていただきます。
そのエッセンスのフラワーエッセンス・ボトル(スプレータイプ)を
終了後にお送りしますので、1ヶ月ほど実際に体験していただけます。

 *詳細>>

〜・*〜・*〜・*〜・*〜・*〜・*

そのほかのワークショップ・スケジュール >>

関連記事

  1. 【記事】天然生活Web~ホワイトチェストナット・オリーブ編

  2. こんな時にこころのサポートを(654)

  3. ケルトの暦の聖なる樹: 5.ヤナギ

  4. こんな時にこころのサポートを(633)

  5. こんな時にこころのサポートを(669)

  6. こんな時に心のサポートを(647)

  7. 新読書会 Part 2 「7ヘルパーズ」

  8. こんな時にこころのサポートを(610)