開花したクレマチス

8月、
バッチフラワーの「クレマチス」が
花の時期を迎えています。

園芸種ですが、
少し前に花屋さんで見つけ
しばらく部屋に活けていました。

ツル性の花は、
花束にした時
軽やかな動きが出るので
人気がありますね。

クレマチスも
ツル性の切り花として
人気が高まっているのは
嬉しいことです。

蕾から開花前までの様子を
マクロレンズで撮ってみました。

開花した花は
どうしてもピントが合わず、
残念でしたが、

それもクレマチスのレメディの性質に含まれる、

つかみどころのない、
実体のとらえにくさを
象徴しているようにも感じられて
興味深く思いました。

猛暑で気づかぬうちに
集中力がなくなり
気が遠くなりそうな(!?)今、

「クレマチス」のレメディは
大きな助けになってくれるでしょう。

折しも今日は終戦記念日。

命を懸けて国を守られた
多くの先人の方々への
深い感謝とともに、

夢見る平和を
今の現実に
しっかりと根づかせて
いきたいものです。

ワークショップ・スケジュール

関連記事

  1. こんな時にこころのサポートを(655)

  2. ワークショップ「暮らしに役立つケルトの知恵2」

  3. 闇が深まる季節に向かうサポート・エッセンス

  4. こんな時にこころのサポートを(594)

  5. こんな時にこころのサポートを(740)

  6. こんな時にこころのサポートを(708)

  7. こんな時にこころのサポートを(637)

  8. こんな時にこころのサポートを(618)