こんな時にこころのサポートを(622)

さぁて6月になった。
新しい方向に進みたいな。
だけどそれはどんな方向なんだろう。
どうしたらいいのかな」

こんな気持ちの時には
ワイルド・オート」のエッセンスがあります。

「自分らしく生きたい、
社会のためにもなることをしたい」
という気持ちはあるのですが、

それが具体的に何なのか、
どんな方向に進んだらよいのか
見えない時に
力になるエッセンスです。

方向性に迷って動けない時は、
できないことばかり、なのではなく、
実は、できることがあり過ぎて
決められない場合も多いものです。

できることや才能を豊かに持ちすぎて
1つに決められないのかもしれません。

また「できる・できない」の価値観を
外側に求めすぎている、もしくは
合わせようとしすぎているのかもしれません。

まずは自分の心をしっかりと
中心に落ち着かせることが必要です。

自分の中心をしっかりさせて、
できること、持てる力を
認める必要もあるでしょう。

ワイルド・オートは
内なる多くの可能性や才能を
1つの中心に絞り込み、
適切な時に適切な方向に
開花させていく助けになるエッセンスです。

ワイルド・オートは
たくさんの実をつける植物です。

長い茎は
実の重さで頭を垂らし、
風にゆらゆらと揺れて
方向を探しているように見えます。

ワイルド・オートのレメディは
自分の内にある「実」をとらえ直し、
あらためて認めたうえで
心の深い願い(魂)に添った
方向に進むサポートになります。

 

ワークショップ・スケジュール


●6月6日(土)13:00~17:30
フラワーレメディ・ワークショップ
「今こそフラワーレメディが生きる時
 〜フラワーレメディライフ入門編



●6月7日(日)13:00~17:30
「今こそフラワーレメディが生きる時
  ~フラワーレメディライフ 中級編


■6月の読書会
6月21日/28日(日)
いずれも13:00~17:00(途中休憩あり)

6/21はリアルの会を予定。状況によってオンラインで実施します。

自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(part 3 第6回)
【セカンド19(第Ⅱ部)
心のパターンとレメディ実践のパターン】※
p.269 第18章「無関心、憂鬱、絶望」
マスタード、スウィート・チェストナット
p.285 第19章「実践におけるパターン」、
これまでの振り返り
今と昔の「旅人の物語」
※一部次回に繰り越される可能性があります。
◇使用テキスト
ジュリアン・バーナード著/編
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
◇参考図書
バッチフラワー 内なるエッセンス
エドワード・バッチ著作集


●7月19日(日)10:00~18:00
アイ・アム・プラント

 


バッチフラワー・カラーポスターのご購入

関連記事

  1. こんな時にこころのサポートを(592)

  2. ケルトの暦:12月23日とパインの木

  3. こんな時にこころのサポートを(681)

  4. シンプルに生きる:モード・ルイスの映画から

  5. こんな時にこころのサポートを(633)

  6. バレンタインデー

  7. こんな時にこころのサポートを(682)

  8. 光を放つシデの木~読書会「セカンド19」第2回