花の魔法

花には魔法の力があることを
誰もが知っていると、思います。

自然の中に咲く花に出会い触れるだけでなく、
人間社会の、たとえばホテルのロビーや
会社の受付に、なぜ花があるのかといえば、
現実的な目に見える世界である
ビジネスや社交の場においても
花には力があることを
みんながよくわかっているからでしょう。

花の力とは何でしょう。
と、あらためて思う時、
それは私たちにとっては
心をリラックスさせ、
気分を引き上げて
前向きな行動へと
導いてくれるチカラ。

私たちはその恩恵を
意識的にも無意識的にも
受け取っています。

一方、人間の思いや感覚はさておき、
植物にとって花は
大切な生殖器官です。

おもに昆虫や鳥に来てもらって
受粉がスムーズに行われるよう
美しい色や形、そして甘い香りで、
甘い蜜のありかを教えています。

私たちはミツバチや鳥のように
受粉の役に立つことはできませんが、
花に魅了され、
花の「魔法」にふれることで
元気になれます。

花の本来の意味を考えれば、
人間も気づかぬうちに
花との交流を通じて
自らの内なる女性性
— 生み出し育む力や
女性らしい優しさと包容力、
高揚した前向きな気持ち — が高まり、
自分らしい行動に
つながってゆくのでしょう。

それが花とふれ合う心地よさにも
結びついているのだと思います。
そのことを私たちは心のどこかで
実はよくわかっているのです。

花の魔法は
メルヘンや想像の産物というだけではなく、
実(じつ)があります。

花の魔法は私たちの現実の世界に
確かにあるものです。

いよいよこれから花の季節です。
たくさんの花とふれあい
花や自然に感謝して
たくさんの魔法を受け取りましょう。

素敵な春をお過ごしくださいね。

・・・・・
フラワーカード・リーディングのお知らせ

4月5日(金)から
下北沢の mahina pharmacyさんで行われる「月の春じたく展 ときめく花の贈り物」でフラワーカード・リーディングをさせていただきます。ピンと来られた方、どうぞmahina pharmacyさんにお問い合わせください。
ご一緒させていただくことを楽しみにしています。
・実施日時
4月12日(金)、20日(土)の午後
・詳細 mahinapharmacy
https://www.mahinapharmacy.com/evnet/

関連記事

  1. 自然療法誌『アロマトピア』記事のご案内

  2. 白いヒヤシンス

  3. レメディ・プラントの近縁種に触れる

  4. 花のちから: スプリング・エフェメラル

  5. 立春:新しい季節のはじまり

  6. 今日から12月

  7. 満月のとてもよき日

  8. 春を告げるやさしい光の花