植物と人間の夜と月の時間

9月に入って、ずいぶんと
秋らしくなってきました。

日が短くなっているのも
実感します。

夏至以降、
日は徐々に短くなり
夜の時間が少しずつ
長くなっています。

23日の秋分には
昼と夜の時間が
ほぼ同じになり、
その後は
夜の時間の方が
長くなります。

この変化を実感するのは
私たちだけでなく、

というより
私たち以上に
感じ取っているのが
植物たちです。

植物は
タネから発芽し
茎を伸ばし、
葉を出して光合成をして
栄養を蓄えて成長し、

花を咲かせて実を作り
タネを生みます。

多年草の多くは
地上部を枯らして越冬し、
春の初めに
新たな成長サイクルを始めます。

同じ季節に花を咲かせるのは、
夜の時間を
はかっているからだと
言われています。

夜の長さの変化は、
気温のように
その年によって
ずれることはなく、
毎年正確なので、
植物は夜の長さで
季節の到来を
感じ取っているとのこと。

私たちは
見える光の時間を
中心に暮らし、
時に夜の時間を
軽視することも
多いように感じますが、

昼の活動を支えるのは、
夜にきちんと休息し、
睡眠をとることなのだと
今あらためて
植物から
教えてもらったように
思います。

これから月の美しさも
いっそう感じられる季節です。

夜の月の時間も
大切にして

今の移行期を
過ごしたいものです。

🌕

昼(太陽・光)の時間は
私たちのこころの
意識の領域と、

夜(月・闇)の時間は
無意識の領域と
深く関わりがあると
言われています。

無意識と意識を含めた
こころ全体を整えるよう働きかける
フラワーエッセンスも、

今の晩夏から秋に向かう
不安定になりがちな季節を
健やかに過ごすサポートになります。

私自身はまず
ホーンビーム」で

暑さによる倦怠感を一掃し
バイタリティを取り戻したいと
思います。

夏の疲れので始めるころ、
どうぞお元気でおすごしくださいね。

~・*~・*~・*~・*~・*

フラワーエッセンスは
およそ90年前に英国の医師が開発した
心のバランスを整えるための
自然のレメディ(心の処方箋)です。

おもに、市販の小瓶から数滴
飲料水やハーブティーなどに垂らして
飲んで使います。

今のように
秋の気配を感じながらも
残暑の厳しい時の
心身の消耗感やイライラ、

毎日のストレスで
心が不調和に陥った時、

心にバランスをよみがえらせ、
本来の心の力や自分らしさを
取り戻す助けになるものです。

 

〜*・〜*・〜*・〜*・
月の巡りで体験する
フラワーエッセンス・ワークショップ
〜*・〜*・〜*・〜*・

主催 mahinapharmacy

2023年9月スタート わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ VOL.18
『宇宙の時間軸を月と共に生きるフラワーエッセンス 』オンラインクラス

夜のクラス 19:30~21:30

第1回  9月15日(金)《新月》
第2回 10月20日(金)《上弦の月》
第3回 11月24日(金)《満月》
第4回 12月05日(火)《下弦の月》
第5回  1月10日(水)《まとめと振り返り》

 

〜*・〜*・〜*・〜*・
その他のワークショップ
〜*・〜*・〜*・〜*・

●【オンライン】
ストレスを抱える女性のためのフラワーエッセンス体験ワークショップ

9月29日(金)13:30~15:30

ストレスを抱える女性のためのフラワーエッセンス体験ワークショップ

●【オンライン】
バッチフラワー・セルフヒーリング講座
随時受付中

【オンライン】バッチフラワー・セルフヒーリング講座

 

●【リアル/オンライン】
読書会『バッチ…植物のかたちとはたらき』〜セカンド19

*印はオンライン
・第4回 9月10日/*17日(日)
・第5回 10月15日/*22日(日)
・第6回 11月19日/*26日(日)

時間:13:00~17:00(途中休憩あり)

読書会『バッチ…植物のかたちとはたらき』〜セカンド19

関連記事

  1. 今日から12月

  2. アマナとオオアマナのこと

  3. 今年のハニーサックル

  4. 今日から7月

  5. ジューンベリーとバラ科のバッチフラワー

  6. 森は生きている

  7. Plant Loverの宝もの

  8. バラの花の魔法