Plant Loverの宝もの

日本の植物学の父と言われる
牧野富太郎先生の
植物一筋の人生は、
次の文章からも
よくわかります。

草木は私の命

草木は私の命でありました。
草木があって私が生き、
私があって草木も世に知られたものが
少なくないのです。
草木とは何の宿縁があったのか
知りませんが、
私はこの草木の好きな事が
私の一生を通じてとても幸福であると
固く信じています

(『牧野富太郎 植物博士の人生図鑑』平凡社より)

ワークショップ・スケジュール

関連記事

  1. 今日から2月

  2. Plant Loverの宝もの

  3. ケルトの暦:冬至

  4. 今日から9月

  5. スミレの紫色:植物と人間

  6. 木と人間の繋がり

  7. 春のいろと花のちから

  8. 木と人間3