こんな時にこころのサポートを(769)

今日は満月。
立春を過ぎた
最初の満月ですね。

新しい一年が
本格的に始まり、

今は、いろいろな面で
私たちも、社会も、
大きな変化の中にあります。

自身の変化について
感じてみると、

変化を感じる一方で、
同じパターンを、
それも好ましくないパターンを
繰り返しているように
思うことも
多いように感じます。

同じことを繰り返している
自分に気づく時、

私たちはたいてい
自分にダメ出しをしてしまいます。

またやってしまった!とか、
いつまでたっても、とか…

進歩がない、
だめだなぁ、と
落ち込むことも
多いものです。

そのような時、
サポートになる
フラワーエッセンスが
チェストナット・バッド」です。

これはバッチフラワーの中でも
フラワー(花)でなく、
初春に葉を広げる直前の
新芽を煮沸して
作られるエッセンスです。

失敗から学べない
パターンを乗り越えて、

失敗を糧にして学び、
成長してゆく
後押しとなります。

私たちは繰り返すこと
そのものを

「進歩がない」とか
「ワンパターン」とか

あまり良い意味では
とらえられません。

さらにその繰り返しが
「失敗」となると、
許せない、あってはならないものと
感じてしまいます。

けれども自然界は、
決まったパターンを
繰り返して成長しています。

木ならば、
春に新芽が葉を広げ、
光合成をして栄養を蓄え、
花を咲かせて果実をつけ、
葉を落として冬を越します。

また月は、
満月から下弦、新月、上弦という
サイクルを繰り返しています。

そのように考えると、
私たちも
たとえ「失敗」を
繰り返したとしても、

その繰り返しの中に
何かしらの成長の要素や
可能性もあるのだと、
楽観的な見方も
生まれてきます。

また、
無意識にしていたことが
意識化され、

新しい行動へと変える
ジャンプ台に
することもできるでしょう。

そして、新しい行動から
今の自分にフィットする
新しいパターンを
築いてゆくこともできる
ように感じます。

エッセンスの
チェストナット・バッド」は
ホワイト・チェストナットの
葉を広げる直前の新芽から
作られます。

新芽がふくらみ、
勢いよく葉を広げるのは
3月のこと。

冬、植物は静かに
新しいサイクルに向けて
準備をしています。

そんな植物たちに
心を合わせ、

繰り返しの行動を
厳しく判断するかわりに、

木々の成長を見守るように、
自分に対しても
暖かい眼差しを向け、
信頼して過ごしたいものです。

〜*・*・〜*・*・〜*・*・〜

わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ VOL.17
『宇宙の時間軸を月と共に生きるフラワーエッセンス 』オンラインクラス
(主催:mahina pharmacy

第1回 2/17(金)新月
第2回 3/24(金)上弦
第3回 4/5(水)満月
第4回 5/12(金)下弦
第5回 6/9(金)まとめ
時間:昼クラス 13:30~15:30 夜クラス 19:30〜21:30

関連記事

  1. 春のチャレンジ

  2. こんな時にこころのサポートを(789)

  3. こんな時にこころのサポートを(726)

  4. こんな時にこころのサポートを(715)

  5. こんな時にこころのサポートを(748)

  6. フラワーレメディの特別な時間

  7. こんな時にこころのサポートを(607)

  8. 【記事】天然生活Web~ホワイトチェストナット・オリーブ編