『バッチ.. 植物のかたちとはたらき』読書会「セカンド19」が終わりました

9月から読み始めた
バッチのフラワーレメディー植物のかたちとはたらき』の
「セカンド19」の読書会が
リアル、オンラインの会ともに
終了しました。

本書の最終章「実戦におけるパターン」は
何度読んでも、
読むたびに深く感動し、
勇気や前向きな気持ちが湧いてきます。

すべての人にとって
正しい1つの利用法が
あるわけではないことも
バッチのレメディーの
素晴らしい点」であること。

そして、
バッチのフラワーレメディーは、
世界中の人々に与えられたものであり、
その使い方を管理し制限する
必要はない」自由なものであること。

レメディーには
人が大きく変化するのを促す力があり、
それによって病気という締めつけから、
人々を解放できると
(バッチ博士は)確信していたこと

そしてその真意が、
人は生き方を変えることによって、
病の力を変容させ」ることができ、
そのようにして「人を解放できる
ことにあること。

この章を通じて、
バッチ博士にとって
「汝(自分)自身を癒す」ことは
「解放=自由」を手に入れることを
意味しているのだと
あらためて納得する時、

心を整える、バッチフラワーエッセンスの
意味や目的も明らかになるように思えます。

心を整えることは
自分を癒し、自分を自由にすることの
始まりになるのだと深く感じ入るのです。

最終章を皆さんと読みながら
フラワーエッセンスを活用した先の
方向性や可能性について感じ取る、
意味深い豊かな時間を
ご一緒することができました。

参加された皆さま、
ありがとうございました。

読書会は新たに4月、スタートします。

その前に
バッチフラワー38種の全体像を概観する
ポスター講座」(2月開催)と

バッチフラワーを光と四大元素からとらえる
アイ・アム・プラント」(3月開催・全2回)を行います。

ピンと来られた方、ぜひ
詳細をご覧ください。

新刊バッチフラワーエッセンス 水のパターン』の
出版記念お話会
3月3日(木)

●ワークショップ・スケジュール

【お申込受付中】講座・ワークショップ・お話会

関連記事

  1. 【オンライン】イントロ・セミナーのご案内

  2. 「HEAL THYSELF 」今こそフラワーレメディを

  3. お話会にご参加ありがとうございました

  4. 【ご感想】ポスター講座「フラワーレメディライフ(中級編)」

  5. ご感想「バッチフラワー セルフヒーリング講座」

  6. 11月の読書会

  7. 「バッチ博士生誕136年を祝うワークショップ」by 自然療法サロンクプ…

  8. こんな時にこころのサポートを(603)