こんな時にこころのサポートを(705)

人に強いことは言えないし、
言いたくもない。
言われたことをするほうが楽

自分の考えを主張するより
言われたことをするほうが
気が楽だと思う時、

事はスムーズに進む半面、
自分を軽視する結果になる場合も
多いものです。

自分の思いに気づいて
大切にしないままでいると
周りとの関係は良くても
自分自身とのつながりは
どんどん薄くなっていきます。

そんな時は
セントーリー」のフラワーエッセンスが
おすすめです。

市販のストックボトルから
2滴ずつ、1日4回を目安に
舌下にたらすか、
飲む水やお茶などに入れて
とってみてください。

周りに合わせる前に
自分の思いに気づいて大切にする
こころの強さを取り戻させてくれます。

細やかに周りを気遣うことと
自分の考えや本当にすべきことに焦点を合わせて
行動することの
バランスをとる助けになるレメディです。

〜*・〜*・

バッチ・フラワーエッセンスは
おもにイギリスに自生する植物の
満開の花と
湧いたばかりの新鮮な水を使い、
自然界の四大元素を生かして
作られています。

約80年前に英国人医師
エドワード・バッチ博士によって
開発されて以来、
英国王室や
欧米のセレブリティも愛用する
ヒーリング・アイテムです。

こころを整え、
すこやかな毎日へと促すだけでなく、

私たちが変化し
成長していくために必要となる力
(理解力や受容力、行動力など)を高め、
前に進むサポートになります。

今のように太陽の力が増す時は、
意識や意志の力、行動力が活発になります。

交感神経が活発になりすぎるような時も
フラワーエッセンスは
心を落ち着け、
能動性(行動力、意志の力)と
受容性(情報を受け取り全体を見通す力)の
バランスを整えるサポートとして
働きかけます。

〜*・〜*・〜*・

花の開花順に学ぶ
バッチフラワー・セルフヒーリング講座

【オンライン】バッチフラワー・セルフヒーリング講座

関連記事

  1. 木と人間7 ケルトの植物とフラワーレメディ

  2. こんな時にこころのサポートを(621)

  3. こんな時にこころのサポートを(617)

  4. こんな時にこころのサポートを(639)

  5. ケルトの暦の聖なる樹: 5.ヤナギ

  6. 毎日のこころを整えるお花の処方箋

  7. こんな時にこころのサポートを(626)

  8. こんな時に心のサポートを(649)