春分を過ぎて

緊急事態宣言もあって
外出は近所くらい、
という日が続いていました。

昨日は所用で
久しぶりに大きなターミナル駅へ。

雨が降っている中で
満開に咲いていた桜の木がありました。

新宿駅近くの
高遠コヒガンザクラです。

雨にぬれて綺麗なピンク色の花が
キラキラと光っていました。

この木は「高遠ザクラ」だと
聞いたことがありました。

調べてみると、
マメザクラまたはキンキマメザクラと、
エドヒガン(桜の一種)の交配種で、

30年ほど前、長野県高遠で行われた
「国際さくらシンポジウム」で、
高遠固有の種類として命名されたとのこと。

高遠で雪を頂く山々と青空を背景に
満開に咲く桜の花はとても美しく、
開花時期には多くの人で賑わうそうです。

新宿周辺では、
私が見た東南口のロータリーだけでなく
新宿御苑や中央公園に
植えられているとのこと。

帰宅途中の最寄り駅からの帰り道、
いつもと違う道を通ると
ソメイヨシノも満開に近く
驚きました。

この花は入学式のころ、
4月初旬に咲いていたはずでは・・

温暖化の影響を感じつつ、
季節は確実に巡っているのだと
実感します。

春は不安定な気候や
花粉で気分も左右されがちです。
お元気でお過ごしくださいね。

ワークショップ・スケジュール

関連記事

  1. 2021年のスケジュール帳

  2. クレマチスの園芸品種:ミセスアヤメ

  3. 空のこと: 金星の新しい星型と満月に向かう光

  4. 立春:新しい季節のはじまり

  5. キャベツのシンプル・クッキング

  6. 植物との交流とツバキのこと

  7. 楽しいマクロフォト

  8. 楽しいマクロフォト4