森は生きている

森に関連する、
とても素敵な絵本に出会いました。

ブナの森は生きている
甲斐信枝 ぶん・え 山本進一 監修
福音館書店

ブナの森の季節の移り変わりが、
そこに生きる草花や鳥たちとともに
描かれています。

本書が完成するまでに
著者と監修者は、
5年の間に十数回にわたり
ブナの森を訪れたとのこと。

やさしい文章と美しい絵から
森の様子がよくわかります。

フラワーレメディの
ビーチ(ヨーロッパブナ)

人に対して厳しい目を向け、
欠点ばかりが目に付いて
批判してしまう、
狭量な心理状態のためのエッセンスですが、

この絵本のブナの木は、
この木なりの
他者との共生の仕方があるのだと
教えてくれているようです。

秋の森は、
木の実がいっぱいです。
枝もたわむほど身をつけたブナ。
今年は、
いつもの何十倍も、
何百倍も実をつけています。
おいしい実を求めて、
動物たちが集まってきます。
むさぼりたべる動物たち。
…ブナはときどき、
動物たちが食べきれないほど
たくさんの実を、
いちどにどっとつくって
森のあとつぎをのこすそうです。…

ビーチの心理状態の人には
もしかしたら、
自分の中の実りをもたらす力を
適切に認める必要があるのかもしれません。

自分の中の力や美点を
見出すことができたら、
周りの人にも寛容になって
長所を認め、

人を遠ざけるかわりに
ともに生きる道を
見出せるようになるのでしょう。

~・*~・*~・*~・*~・*

フラワーレメディ(エッセンス)は
およそ90年前に英国の医師が開発した
心のバランスを整えるための
自然のレメディ「心の処方箋」です。

おもに、市販の小瓶から数滴
飲料水やハーブティーなどに垂らして
飲んで使います。

今のように暑かったり、日常のストレスで
心が不調和に陥った時、
心を調整し、本来の心の力や自分らしさを
取り戻す助けになります。
>>フラワーエッセンスについて

初めての方に体験していただける
ワークショップがあります。 >>
どうぞお気軽にご参加ください。


その他のワークショップもこちら >>

 

関連記事

  1. こんな時にこころのサポートを(690)

  2. 心の闇に変容を促すフラワーエッセンス(2)ロックローズ

  3. 早咲きのスミレ

  4. 木と人間6 ケルトのドルイド (2)

  5. フラワーレメディ(エッセンス)の働き(2)

  6. こんな時にこころのサポートを(606)

  7. ケルトの早春の祝祭:インボルク

  8. 今日の花:シロツメクサ