Plant Loverの宝もの

自分は植物の愛人として
この世に生まれたか、
あるいは草木の精かも知れん、と
語られたのは、
植物学者の
牧野富太郎先生ですね。

先日あらためて読む機会があり、
深く感じ入りました。

植物愛に溢れる
先生のことばは
大切な宝ものです。

そんな先生の文章を
いくつかご紹介していきます。

「私が自然に草木が好きなために、
私はどれ程利益を
享(う)けているか知れません。
私は生来ようこそ
草木が好きであってくれたと
どんなに喜んでいるか分かりません。
それこそ私は幸いであったと
何時も嬉しく思っています」

『牧野富太郎 植物博士の人生図鑑』平凡社より

ワークショップ・スケジュール

関連記事

  1. 実りのちから

  2. 楽しいマクロフォト5

  3. スミレの紫色:万葉集にも

  4. ケルトの暦:冬至

  5. ヘザーのはちみつと開花

  6. 今日から3月

  7. Plant Loverの宝もの

  8. 『フラワーエッセンス・ヒーリング』の復刊にご協力を