Plant Loverの宝もの

「Plant Loverの宝もの」として
植物学者、牧野富太郎先生のことばを
ご紹介してきました。
それも今日で一区切りにしますね。

先生の本には、
たくさんの宝もののような
ことばがあふれています。

折に触れてこれからも、
何度でも
読み直していきたいと
思っています。

最後は晩年の
90代に詠まれた歌を。

まさに植物を我が命とした人の境地と
感じ入ります。

私たちも
大好きな植物に触れることで
自分らしい生き方や調和を
目指していきたいですね。


 いつも植物とともに..

朝夕に草木を吾れの友とせば
こころさびしき折節(おりふし)もなし」

「わが姿
たとえ翁(おきな)と見ゆるとも
心はいつも花の真盛り」


(『牧野富太郎 植物博士の人生図鑑』平凡社より)

ワークショップ・スケジュール

関連記事

  1. イチイの花のエッセンス

  2. レメディ・プラントの近縁種に触れる

  3. 「好きなもの」と心の自由

  4. 新月のジュニパーベリー・オイル

  5. 8月1日:ケルトの祝祭日「ルーナサ」

  6. 立春:新しい季節のはじまり

  7. 春の楽しみ

  8. 花のちから:満開の白バラとバッチのワイルド・ローズ