Plant Loverの宝もの

花を見ることが一番の楽しみ

そんな気持ちをお持ちの方は
きっとたくさんいらっしゃるでしょう。

植物や花を好きなことは
本当に幸せなことですね。

牧野先生の文章に触れると
いつも
その思いが強くなります。

「植物が好きであるために
花を見る事が
何よりの楽しみであって
厭(あ)く事を知らない。
まことにもって幸せな事だ。

花に対すれば
常に心が愉快で
かつ美なる心情を感ずる。

ゆえに独りを楽しむ事が出来、
あえて他によりすがる必要を感じない。

故に仮りに世人から憎まれて
一人ボッチになっても、
決して寂寞(せきばく)を覚えない。

実に植物の世界は私にとっての
天国であり
また極楽でもある。

『牧野富太郎自叙伝』講談社より」

ワークショップ・スケジュール

関連記事

  1. 12月の植物園

  2. Plant Loverの宝もの

  3. 春のいろと花のちから

  4. うれしい春の日

  5. 桃の節句とかたち

  6. 印象深いことば:喜びと悲しみ

  7. 今日の花:シロツメクサ

  8. 新月のジュニパーベリー・オイル