読書会『バッチフラワー 植物のかたちとはたらき』〜2つの製法

バッチフラワーエッセンスの2つの製法—太陽法と煮沸法—の章を中心に読む会を行います。今年発売された『バッチフラワーエッセンス 水のパターン』に書かれた内容も要所で参照しながら読み進めてゆきます。

2013年ジュリアン・バーナード著『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』日本語版が出版され、翌年から読書会が始まりました。おもに38種のレメディの植物とバッチ博士のライフ・プロセスを中心に読んできましたが、今秋は「2つの製法」について読み深めます。

バッチフラワーの開発者、エドワード・バッチ博士は「誰もが望めば作れる」と語られましたが、私自身は、エッセンス作りは神聖で特別なもので、自分などは作るべきではないという印象をずっと持っていました。それがこの数年で少しずつ変化しました。

最初のきっかけは数年前のこと。長野にある友人の別荘に1週間ほど遊びに伺った時、毎日あまりにお天気が良く、雲ひとつない晴天が続いたので、天候に背中を押されるようにして作ってみたことがあります。近くに新鮮な湧水もありました。その時は十分な準備もなかったので、真似ごとでしかありませんでした。

そして今年、ある自然な流れで再びタイミングがやってきました。エッセンス作りについて詳細に記された『水のパターン』日本語版も出版されたので、その記述でも工程を確認し集中して臨みました。花はバッチフラワーではなく、その場所でその時満開だったスプリング・エフェメラル(春先に林床に咲く植物)の花を使いました。

その作業を通じてわかったことは、太陽法も煮沸法も、抱いていた神聖で静かなイメージとは異なり、とても動的でダイナミックなプロセスを経てでき上がる、ということでした。

著者のジュリアン氏は太陽法での工程で「水で満たされたボウルは、レンズとプリズムが1つになり、魔法のように光を反射して増幅し、中心に集める」と記しています。また、「レメディ作りには1つとして同じ場合はない」と書かれており、作り手の心が安定して明晰であることは不可欠であることもよくわかります。

この読書会では「自分で作ってみる」ことも視野に入れ、長年の経験者である著者の文章を読むことで、フラワーエッセンスに対する理解はさらに深まるでしょう。「作りたい」という人間の思いだけでなく、自然界の4つのエレメント(地・水・火・風)の力や環境のサポート無くしてはでき上がらない貴重なものであることも、あらためて実感することができます。フラワーエッセンスがまさに「自然界からの贈りもの」と言われる意味を、深く理解する機会をご一緒できれば幸いです。

『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』読書会 〜 2つの製法

日程
第1回 第3章 太陽法(サン・メソッド)
日時
【リアル】11月27日(日)13:00〜17:00
【オンライン】11月20日(日)13:00〜17:00

第2回 第12章 煮沸法(ボイリング・メソッド)
【リアル】12月18日(日)13:00〜17:00
【オンライン】12月11日(日)13:00〜17:00



おもな内容(予定)
第1回 第3章 太陽法(サン・メソッド)p.57〜67
・太陽法のきっかけ
・バッチ博士の説明
・母液を作るプロセス
・製法に含まれる自然界の4つのエレメント
・太陽法での情報伝達
・光の共鳴
・『水のパターン』『写真でたどるバッチフラワー 内なるエッセンス』を参照して
など



第2回 第12章 煮沸法(ボイリング・メソッド)p.195〜199
・煮沸法のきっかけ
・バッチ博士の説明
・母液を作るプロセス
・製法に含まれる自然界の4つのエレメント
・煮沸法のなぞ
・工程と太陽法と異なる印象
・光の方向性と人生のプロセス
・『水のパターン』『写真でたどるバッチフラワー 内なるエッセンス』を参照して
・太陽法と煮沸法が象徴する人生の2つの方向性

会費(2回分、税・配布資料代込)
・2回 16,500円
・8月31日までの早割価格 15,000円

お持ち物
・本 ジュリアン・バーナード著『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』、『写真でたどるバッチフラワー 内なるエッセンス』、『バッチフラワーエッセンス 水のパターン』
・筆記用具、
・(必要に応じて)ご自身のお飲み物、体温調節できるものなど

※お支払いいただきました会費は、ご事情でキャンセルされた場合もご返金いたしかねます。
ご了解の上お振込みくださいますようお願いいたします。
※ お休みされる場合は、録画でご参加いただけます。事前にご連絡ください。
※下記【ご注意】事項をご確認の上ご決済ください。

●主催
フラワーエッセンスの魅力|スペースハナ

●共催
フラワーレメディー・プログラム・ジャパン

【リアル会のご注意】
3名様以上で実施いたします(6名様まで)。
感染予防にも細やかに配慮されている mahina pharmacyさんのワークルームで、マスク着用で行ないます。
状況により リアルでの実施が困難になった場合はオンラインにて実施します。

【オンラインのご注意】
*PCやスマホから繋がるオンライン会議システム「Zoom」で実施いたします。
*事前に接続状況をご確認ください(パソコン/スマホの性能、回線状況など)。
ご自身の機器・接続環境が理由で視聴できなかった場合の返金はいたしかねます。受講環境の整えをお願いいたします。
*当日は開始5分前からアクセスいただけます。
*オンラインの配布資料(pdf)は事前にメールでお送りします。印刷資料の郵送はありません。
*基本的にカメラ付きでお顔を見ながらの進行となります。
*1名様のお申込みで複数名の聴講や、録音、録画、共有画面の撮影は禁止とさせていただきます。
*録画参加される場合は必ずお申込された方お一人でご視聴ください。

関連記事

  1. 満月のお菓子

  2. 2020年・新読書会「セカンド19」

  3. 月のめぐりで体験するフラワーエッセンス(オンライン)

  4. 読書会「セカンド19」第1回

  5. 8月のワークショップのご案内

  6. 新読書会 Part 2 「7ヘルパーズ」

  7. 春が来た

  8. 『バッチ.. 植物のかたちとはたらき』読書会「セカンド19」が終わりま…