WS「アイ・アム・プラント 2022」を終えて

今年も無事にこのワークショップを終えることができました。ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』を導きに、「光」と、四大元素に関わる植物の部位と人間の心理状態との繋がりをていねいに見て感じ取っていくことは、実はとても体力と集中力が入ります。

それぞれのパートを集中的にみていくことで、アタマはグルグルになり、カオスとある種の高揚感が入り混じったような感覚を味わいます。

このワークショップを通じて実感することは、植物の部位を読み取ることに固定的な法則や決まった方法があるのではなく、そのたくさんの例を知ることで、自分自身の植物に対する見方や感覚をより鋭敏にしてゆくことができる、ということです。

それはバッチフラワーに限らず、近所に育つ力強い野草は自分にとってどんな存在なのか、今が盛りの花の中にも気になる花もあれば、意識にまったく残らない花もあるのはなぜなのか、といったことも掘り下げる道筋も知ることができます。

バッチフラワーの植物を含め、ほとんどの植物は光と強い関係がありますが、それは実は私たち人間も同じです。私たちは光合成こそしませんが、植物と同じように、知恵や強さを持って生きる可能性を持っています。そしてその力を、植物と波長を合わせ共鳴することで、あらためて感じ取ることができるのです。

今年もこのWSを終えて、植物の存在にあらためて感謝したいと思いました。そして、それを育む自然界の四大元素を始め、光と闇、季節の巡りのすべてに感謝しています。

もちろん、バッチ博士のフラワーエッセンスにも心からの感謝を。

もうすぐ4月。これからますます花が咲き、光も強くなっていきます。光の力も後押しに、植物のように心身ともに健やかな時間を過ごしたいものです。

〜*・〜*・〜*・〜*・〜*・〜*・〜*・〜*・〜*・

バッチのフラワーレメディー植物のかたちとはたらき』を読む
読書会が4月スタートします

意識の進化とバッチフラワー《12ヒーラーズ》

7回をかけて、「まえがき」から
バッチ博士の医師としてキャリアをスタートさせた当時の時代背景、
そして「12ヒーラーズ」のレメディについて書かれた章を
読んでいきます。

詳細はこちらをご覧ください。>>

4月スタート読書会「バッチ..植物のかたちとはたらき」《12ヒーラーズ》

関連記事

  1. 10月の読書会が終わりました

  2. 新生「月の巡りで体験するフラワーエッセンス」クラス

  3. 「今こそフラワーレメディが生きる時~フラワーレメディライフ 中級編」

  4. オンライン: 月のめぐりで体験するフラワーエッセンス

  5. 8月のワークショップのご案内

  6. 【ご感想】第1回「7ヘルパーズ」読書会 2021

  7. 今月の読書会を振り返って

  8. 9月スタート「フラワーエッセンス 実用基礎」講座