「ハロウィン」とフラワーエッセンス

もうすぐハロウィンですね。
このお祭りは、
日本でも楽しいイベントとして
定着してきました。

近年は10月31日に仮装した
若者や親子の姿も
目にするようになりました。

けれど今年は
3密を避けるため
静かなハロウィンとなりそうです。

このハロウィンのもとは
「サウィン」と呼ばれる
ケルトの大切な季節祭です。

ケルト暦では
11月1日に新年を迎えます。
その前夜、
10月31日の日没から行われるのが
「サウィン」です。

サウィンの日、
この世とあの世(死者の世界)を
隔てる壁が壊され、
祖先や親しい死者がこの世に
戻ってくると信じられていました。

その戻ってきた死者たちの霊を迎え入れ、
もてなし、供養をする日です。

11月1日は
新年の幕開けであり、
それは本格的な冬の始まりを意味していました。

また一年を半分に分けた、
「闇の半年」が始まる日でもあります。

11月1日は
冬の寒さの厳しい北ヨーロッパで
命をかけて冬を越そうと覚悟を決める
タイミングでした。

親しい死者をもてなし供養することで
亡くなった人々を慰めるだけでなく、
彼らから
生きる力や勇気をいただく
恵みの夜でもありました。

ハロウィンで
家々を回る子どもたちの
「トリック・オア・トリート!」
(お菓子をくれなきゃ、
いたずらするぞ)という言葉は本来、

死んだ人たちをもてなさないと、
よくないことを起こすぞ、という
死者の警告を意味していたとのこと。

永遠の生命を信じていた
ケルトの人は、
「死んで再び生まれる」
生命の循環の始まりとして、
冬の季節、闇の半年の始まりを
捉えていました。

これから冬至に向け、
闇はますます深くなり
寒さも厳しくなります。

サウィンは、
闇の世界の死者と交流し、
生きる強さを受け取り、
命をかけて冬を越そうとした
ケルトの人のお祭りです。

勇気を持って
未知なる闇の世界に分け入っていく、
そんな節目のタイミングが
「サウィン」なのです。

 

恐れを乗り越え、
未知の世界に
分け入っていく力になるのが
アスペン」のフラワーエッセンスです。

サウィンということだけでなく、
今の、社会や自分自身が
大きく変化していこうとするタイミングで、
不透明な未来や未知の世界に
漠とした恐怖を抱くのは
自然なことのように思えます。

具体的な心配事というより、
漠然とした恐怖心や予感で
落ち着かない時、

先に進めないと思う時に
サポートとなるエッセンスです。

サウィンの夜、
月に関連した

フラワーエッセンスのワークショップを行います。

日没後のサウィン時間の
ワークショップに
2名様の残席があります。

生まれた時の月の相から
本来の性質を導き出しながら、
今の闇に向かう季節、
変容のタイミングの助けになる
フラワーエッセンス・ボトルを
作ります。

アスペンのエッセンスも
ご紹介します。

ピンとこられた方、
ご参加お待ちしています。

詳細、お申し込みはこちら>>

関連記事

  1. 植物の特別展

  2. 白い花: コデマリとオオデマリ, アナベルのこと

  3. 今日から2月:春の始まり

  4. 今日から6月

  5. スミレの紫色:植物と人間

  6. ケルト暦の季節の花:エルダー1

  7. ケルト暦:13番目の月 エルダー(ニワトコ)

  8. Facebookのストーリーズに