新ワークショップシリーズ「暮らしに役立つケルトの知恵」

3月19日(木)から
新しいワークショップ・シリーズが始まります。

「暮らしに役立つケルトの知恵」
〜ケルトに生きる神秘の植物を体験する〜」

日本とケルトは
ユーラシア大陸の東の端と西の端、
地理的に遠く離れていますが、
驚くほど共通する点があります。

どちらも農耕民族で
自然の中に神聖なる存在を見る
自然信仰がありました。

季節の節目に豊作と健康を願い
自然の神々に祈り
供物を捧げています。

暦を見ても
どちらも太陽と月の運行を取り入れた
太陰太陽暦を生かし、
日々の暮らしに役立てていました。

このワークショップは
ケルトと日本の親和性をベースに、
太陽のサイクル
(春分、夏至、秋分、冬至)の節目に
日本に住む私たちにも通じる
古代ケルトの自然観や
「いのち」のとらえ方、
暦や自然を司る見えない存在
(女神や妖精)にも触れながら、
ケルトの人々が暦と関連付けた植物を
実際に暮らしに生かす方法を体験します。

毎回バッチフラワーから
ケルトにゆかりの深い植物や
その季節のサポートになる
花のエッセンスを10種類ほどご用意します。

花のカードから
ご自分のためのエッセンスを1種類選び、
手仕事に使います。

WSで作られたオイルやスプレーは、
季節の変わり目の
こころとからだのサポートとして
集中的にお使いいただけます。

古代ケルトの知恵と
バッチフラワーを生かす
とても楽しみなワークショップです。
詳細は主催・会場の
mahina pharmacyさんのサイトをご覧ください。>>

関連記事

  1. こんな時に心のサポートを(649)

  2. 森は生きている

  3. 新月の投稿と「不安や恐れ」のためのレメディ

  4. こんな時にこころのサポートを(703)

  5. ケルトの暦と日本の暦

  6. 2020年・新読書会「セカンド19」

  7. こんな時に心のサポートを(651)

  8. こんな時にこころのサポートを(663)