英国の2月のチェストナット・バッド

今のイギリスの「チェストナット・バッド」と
ホワイト・チェストナット」の木の様子を
イギリス在住の花療法士ムリンズ七瀬さん
@nachi_floweressence/が送ってくださいました。

芽はまだ硬いですね。
今年も、来月の春分を過ぎるころ、
勢いよく葉を広げるのでしょうか。

ホワイト・チェストナット
(ホース・チェストナット)は、
公園や街路樹として
よく植えられています。


この写真は、昨年の6月、
ロンドンのリージェンツ・パークで見た
ホワイト・チェストナットの様子です。

大きな葉が風に揺れながら光を通す、
明るい木陰は、本当に気持ちがよかったです。

2月26日のお話会では、
時に6月の植物の様子も
見ていただきながら、
テムズ川流域の初春の様子を
七瀬さんにお話いただきます。

(写真もたくさんご用意いただいています。)

明日25日(土)13時までお申込みを受付中です。
録画でのご参加も可能です。

はたして
チェリー・プラムは開花しているでしょうか?
エルムアスペンの花は?

春の初めのイギリス、
テムズ川流域に
ご一緒に小旅行をして、
初春を感じ取るような
時間になったらと
準備しています。

よろしければ、
ぜひご参加ください。

ご一緒できるのを
楽しみにしています。

お話会「英国バッチフラワーのふるさと便り 〜春の訪れを知らせる花たち」

● 2月26日(日)19:00~21:30
オンラインお話会
「英国バッチフラワーのふるさと便り
 〜春の訪れを知らせる花たち〜」

 

関連記事

  1. 花のちから: スプリング・エフェメラル

  2. 今年の朝顔

  3. スミレ色のいろいろ

  4. Plant Loverの宝もの

  5. 今日から8月

  6. 今日から5月!

  7. ケルトの暦: もうすぐ「ベルティネ」祭 〜 夏の始まり

  8. 植物との交流とツバキのこと