新刊『バッチフラワーエッセンス 水のパターン』

ジュリアン・バーナード最新刊
バッチフラワーエッセンス
水のパターン
』が
1月25日にフレグランスジャーナル社から
発売されました。

バッチフラワーエッセンスの
作り手であり、
バッチフラワーと
バッチ博士の研究家である著者が、
これまで抱き続けてきた2つの疑問に
新たな考察も加えてまとめたのが本書です。

・バッチ博士はなぜ
これらの植物を選んだのか?

・バッチフラワーエッセンスはどのように
作用するのか?

この疑問は、
前著『バッチのフラワーレメディ
植物のかたちとはたらき』でも
深く考察されていましたが、

その内容に、
情報を記憶する水の性質と
「受動的力場」という
新たなアイディアが
含まれています。

エッセンスの作り手ならではの
生成過程の写真を多数掲載し、
抽象的な概念を
イメージやグラフを通じて
できるだけわかりやすく
提示しています。

本書は
バッチ博士の生誕130年にあたる
2016年に英国で出版され、

バッチフラワーエッセンスを
次の世代へと繋いでいく仲間への
メッセージといった要素も含む、
多くの示唆に富む内容です。

ピンと来られた方、
ぜひ詳細をご覧ください。

@フレグランスジャーナル社
https://onl.la/uaQUcXA

『バッチフラワーエッセンス
水のパターン

著者 ジュリアン・バーナード 著
谷口 みよ子 訳
発行 フレグランスジャーナル社
出版年月日 2022/01/25
ISBN 9784894793156
判型・ページ数 A5・80ページ
定価 2,420円(本体2,200円+税)

フレグランスジャーナル社
https://onl.la/uaQUcXA

関連記事

  1. 今日から12月

  2. バッチフラワー・カラーポスター(日本語版)

  3. 今日から7月

  4. 5月になりました

  5. 明日は満月!

  6. 11月30日にワークショップがあります

  7. 2021年もよろしくお願いいたします

  8. 今日から2020年1月!