楽しいマクロフォト3

マクロフォトを撮り続け、
このアルバムも3シート目になりました。

植物の写真を撮ることで
季節の変化や時のめぐりが感じられ、
本当に楽しいと思います。

とくにマクロレンズで撮る時には
偶然の力が大きく作用します。

まるで許された時にだけ
ピントの合うような、
そんな印象です。

 

写真
1段目左から
ゼラニウムの葉、ゼラニウムのつぼみ、ゼラニウムの花柄、ニゲラの雄しべ、ブラシノキの雄しべ

2段目左から
ムラサキセンダイハギの花、ハニーサックルの雌しべ、シモツケのつぼみ、ラムズイヤー、クンショウギクの花たち

3段目左から
ニゲラのつぼみ、ディルの葉、シモツケの花、ラベンダーの花芽、モチノキの花

どれも美しいかたちで
魅力にあふれていました。

中でも、とくに目を見張ったのは
ニゲラの花でした。

美しい青色の花びらに見える部分は
実はがく片で、
花びらは退化して中心(雄しべの基部)にあるとのこと。

真ん中でくにゃくにゃと延びた部分は
雌しべです。

その周りに広がっているのが
雄しべ。
葉は糸のように細い形をしています。

植物の部位のかたちは本当に多様で、
なぜこのような形をしているのかと考えると、
物理的な利便性も含めた、
植物の知性や意識、見えない意図が
あるのだろうと実感します。

魅力あふれるミクロの世界を
これからも撮り続けていきたいと思っています。


ワークショップ・スケジュール


■6月の読書会
6月21日/28日(日)
いずれも13:00~17:00(途中休憩あり)

6/21はリアルの会を予定。状況によってオンラインで実施します。

自由への探求~その先のバッチ・フラワーエッセンス(part 3 第6回)
【セカンド19(第Ⅱ部)
心のパターンとレメディ実践のパターン】※
p.269 第18章「無関心、憂鬱、絶望」
マスタード、スウィート・チェストナット
p.285 第19章「実践におけるパターン」、
これまでの振り返り
今と昔の「旅人の物語」
※一部次回に繰り越される可能性があります。
◇使用テキスト
ジュリアン・バーナード著/編
バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき
◇参考図書
バッチフラワー 内なるエッセンス
エドワード・バッチ著作集


7月19日(日)10:00~18:00
アイ・アム・プラント
~バッチフラワーのかたちとはたらき」

 


バッチフラワー・カラーポスターのご購入

関連記事

  1. ヒアシンスとフリージア

  2. 植物との交流とツバキのこと

  3. 怖さを知っている人

  4. 「花いっぱいプロジェクト」

  5. 闇が深まる季節に向かうサポート・エッセンス

  6. 今年のサクラ散歩

  7. 今日から12月

  8. 楽しいマクロフォト2