「HEAL THYSELF 」今こそフラワーレメディを


緑の相談室企画・オンライン講座
「HEAL THYSELF 」今こそフラワーレメディを
「自らの手で、癒す」
主催:mahina pharmacy

80年前イギリスで
フラワーレメディが開発された背景には、
2つの世界大戦の間の
不穏な空気があります。

人々が大きな不安を抱えていた時代、
スペイン風邪も大流行しました。
世界中で2千万人以上の
死者を出したと言われます。

このような状況の中、
人々の治療に情熱的を傾け、
研究に没頭した一人の医師が
開発したのが
フラワーレメディです。

腸内細菌の研究から効果を上げ、
注目された気鋭の医師、
エドワード・バッチ博士が、
最終的に出した結論は、

病気の原因は
物理的な要素だけではない。
心理的な不調和が
真の原因である、
ということでした。

そうして心の不調和を
調整するためのレメディを、
野山の植物に求めたのです。

38種類のバッチフラワー・エッセンスは、
バランスの乱れた
感情や思考に働きかけ、
本来の自分らしさを取り戻す
助けになります。

そのなかから5種類を選び、
緊急用として利用されているのが
「ファイブ・フラワーレメディ」
(レスキューレメディ)
です。

今、私たちは目に見えないウィルスの影響で、
だれもが不安を抱えています。

日本赤十字のガイドラインにも、
病気そのものだけでなく、
不安と、不安から引き起こされる
嫌悪感や差別、偏見なども
感染するとはっきり書かれています。

病気への予防策に
細心の注意を払うことは第一ですが、
同じくらい重要なのは、
私たちの心のケアです。

不安なのはしかたがないのではなく、
不安な気持ちこそ、
無視せず大切にケアしましょう。

自分の中の不安が落ち着けば、
思考や行動もクリアになり、
周りの人への優しい気持ちにもつながります。

今こそフラワーレメディを役立ててください。

緊急用のファイブ・フラワーレメディの
基本的な使い方や役立つ場面について
お伝えします。

フラワーレメディ/エッセンスに
興味があった方、
今の状況の中で
すぐに必要と感じるあなた、
そして近しい方に。

現実的な使い方や知識を
得ることができる内容です。

困難な時だからこそ、
その実践と体験を持てる機会として
お役立てください。

緑の相談室企画・オンライン講座
「HEAL THYSELF 」今こそフラワーレメディを
「自らの手で、癒す」

緑の相談室企画・オンライン講座「HEAL THYSELF 」今こそフラワーレメディを「自らの手で、癒す」今こそ、フラワーレメディを役立てて下さい。…

mahina pharmacyさんの投稿 2020年4月6日月曜日

日  時:2020年5月3日曜日 14:00~15:30
参加費用:3,500円
(5フラワーレメディをご希望の方は、送料込みで3,050円追加になります。お申し込みの際にお知らせください)
*5名集まりましたら開催いたします。
お申し込み頂きましたら、詳細をお送りいたします。オンラインお話会は、
ZOOMを使用してパソコンやスマートフォンでご参加いただけます。

主  催:mahina pharmacy
お申し込み方法
マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にタイトル「オンラインお話会」と明記していただき、お名前、住所、年齢、メールアドレス、5フラワーレメディをご希望の方はお知らせください。

関連記事

  1. 新月の投稿と「不安や恐れ」のためのレメディ

  2. フラワーエッセンス実用基礎を学ぶ

  3. 植物との交流とツバキのこと

  4. フラワーエッセンス実用基礎講座

  5. こんな時にこころのサポートを(604)

  6. こんな時にこころのサポートを(602)

  7. 【お申込受付中】講座・ワークショップ

  8. 森は生きている